[アクセス解析] Google Analytics とは?

Google Analyticsとは?

Webサイトやブログを運営しながら

✔️ どんなユーザーがサイトにアクセスしに来てくれているのか?
✔️ サイトの改善点はどこか?などの課題を発見し

あなたのサービスをもっと伸ばすために、無料で気軽に導入でき、強力な味方となるWebアクセス解析ツール、Google Analytics(GAと略されることも多いです)についてご紹介します。

Google Analyticsの導入方法

すでにご自分のサイトをお持ちの方は、こちらのGoogle公式サイトを見ながら導入してみましょう。

(参考)アナリティクスのスタートガイドhttps://support.google.com/analytics/answer/1008015?hl=ja&ref_topic=3544906

[手順]

1. Googleアカウントを作成する


2. Googleアナリティクスに登録する


3. 発行されるトラッキングコードを設置する

Google Analyticsは、実際にツールを操作して覚えると学習効果が高いので、まずは触ってみるのがオススメです。

WordPressを使っている方は、TechAcademyさんのタグの設置方法か、プラグインで登録すると早いと思います。

Google Analyticsでみるべき、5つのレポート

Google Analyticsでは、主に以下の5つのレポートをチェックしていきます。

1. リアルタイム
2. オーディエンス
3. 集客
4. 行動
5. コンバージョン

分析したいサイトのユーザーゴールが、メディア記事など「見る・読む(閲覧数)」か、EC・会員登録・資料請求「特定のゴールアクション(コンバージョン)」などのモデルによって、何を重点的にチェックすべき項目が変わってきます

詳細

1. リアルタイム

✔️ 現在サイトに訪れているユーザーのアクセス状況を見ることができます。

記事を公開したり、検索や広告出稿した後、毎日ユーザーがどのぐらいきてくれているのか?を見る時に使います。

2. オーディエンス

✔️ サイトにアクセスしにきてくれたユーザーがどんな人か?を見ることができます。

スマホからアクセスする多いのか?iPhoneなのかAndoridなのか、どの世代・性別・地域の人たちなのか?初めてアクセスしにきた新規ユーザーなのか、前もアクセスしにきてくれたリピーターさんなのか?などといったこ、アクセスユーザーの全体感を見る時に使います。

3. 集客

✔️ ユーザーがサイトへにどうやってアクセスしにきたか?流入経路を把握できる項目です。

Webの流入経路は大きく分けると、検索、広告、SNSの3つです。それぞれのボリュームや傾向を見て、集客・販促施策を考えていきます。

4. 行動

✔️ リアルタイムの「概要」でアクセス状況の全体感をみることができますが

「行動」では、ページごとのページビュー数、ページ別訪問数、平均ページ滞在時間、閲覧開始数、直帰率、離脱率がわかるため

各ページのパフォーマンスを解析することができます。どの記事が読まれているか?どの商品ページが閲覧されているか?などをみる時に使います。

5. コンバージョン

商品の購入、会員登録、資料請求などの「目標(ユーザーゴール)」を設定することで、完了ページまでの到達経路を解析することができます。

コンバージョン、目標、目標到達プロセスから、コンバージョン率、離脱ページ/数、目標到達ページ/数を一貫してみることができます。

毎日全部のレポートを見ているわけではなく、ユーザーゴールや施策によってもみる項目が変わりますが

ケース1)

✔️毎朝、前日のアクセス数に大きな変化(増減)が起きていないかチェック。

「リアルタイム」レポートを見る

 変化がある時は、ユーザーや行動・集客など、どこに変化があって、要因なのか?深掘りします。

ケース2)

✔️広告出稿などの集客施策を打った時に、思った通りにユーザーがきてくれているか?

→「集客」レポートを見る

ケース3)

✔️ 新商品売り出し、どのぐらい売れたか?(申し込みがあったか)など確認
→ 「コンバージョン」レポートを見る

まとめ

Google Analyticsでは、主に以下の5つのレポートをチェックしていきます。

1. リアルタイム
2. オーディエンス
3. 集客
4. 行動
5. コンバージョン

サイトのユーザーゴール(目的)を意識しながら、

毎朝、変化が起きてないかのチェックは「リアルタイム」をチェックし、
何か変化があった時や、集客や商品施策を試みた時は、その他レポートで深く解析していくと良いかと思います。

5つのレポートの概要をつかんだら

特別な設定をしなくても、まずは「毎日眺める」と、サイトに来てくれているユーザーの行動や、サイトのどこにストレスを感じているのか、イメージできるようになってくるので、ぜひ実践してみてください!

慣れてきて、詳しくなってくると、だんだん、知りたいことや、やりたいことが出てくると思います。


その時になったら、「やりたいことから逆引き」を利用するなどして、カスタム設定など徐々にレベルアップされると良いかと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA