[マーケティング] Webマーケティング用語 – 費用対効果 / KPI編


自分のサイトやブログのコンテンツや商品が揃ってくると、もっとたくさんのユーザーにアクセスしてもらいたい、思うようになります。

検索キーワードを分析してSEO対策したり、お金をかけて外部メディアに広告を出などして興味を持ってもらい、自分のサイトに来てもらう作戦を集客施策と言います。

今回は、お金に関する指標/KPIをご紹介し、

どのぐらい集客にお金をかけると、
 利益が見込めそうか集客予算(広告出稿)の見積もりを出したり

実際の効果はどうだったのか?を知りたい

時に役に立つ、Webマーケティングの用語や指標をご紹介します。

最初は、難しい省略英語が多くて、ゲンナリしてしまいますが、

パターンは決まっているものが多いので、
どんなときにどれを使うと、何がわかるか?を押さえるだけでも、サイトの成長戦略に使えるものです!

Webマーケティングでよく使われるお金に関する指標

集客施策(広告出稿予算)、Webアクセス解析でよく使われるお金に関する指標です。

✔️CPC (Cost Per Click)クリック単価
✔️CPC (Cost Per Click)クリック単価
✔️COST コスト
✔️CPA Cost Per Action コンバージョン単価
✔️CPM (Cost Per Mile) インプレッション単価
✔️CPF(Cost Per Follow)
✔️ROI (Return On Investment) ロイ/投資利益率
✔️ROAS (Return On Investment) ロアス
✔️LTV (Life Time Value) 顧客生涯価値

どんなときに、どれを使って、何を見るのか?をご紹介していきます。

詳細

CPC (Cost Per Click)クリック単価

1クリックにかかる費用のこと。販促効果検証する際の費用対効果を測る指標。

[計算方法]

✔️CPC = COST(費用)/CT(クリック数)

クリックが多いほど、CPC(費用対効果)が安くなる。

COST コスト

その広告にかかった費用。表示 or クリックされて発生した費用の総計。

CPA Cost Per Action コンバージョン単価

購入や会員登録など、ゴール到達(コンバージョン)にいくらかかったのかの費用対効果を測る指標

[計算方法]

✔️CPA = CPC(クリック単価)/CVR(コンバージョン)
✔️CPA = COST(費用)/CV(コンバージョン)

CPCを下げるか、CVをあげると、費用対効果が良くなる。

CPM (Cost Per Mile) インプレッション単価

広告が1,000回表示されたときにかかる費用、1000impの費用対効果。

[計算方法]

✔️CPM = (COST(コスト) / Imp(インプレッション)) × 1,000
✔️CPM = CPC(クリック単価) × CTR(クリック率) × 1,000

認知に価値がある広告の場合、クリックの代わりに1,000回impで課金が発生する。

CPF(Cost Per Follow)

SNSマーケティングで利用。

Facebookなどにおいて、ページのフォローワーひとり獲得するのにかかった費用対効果を測る指標

ROI (Return On Investment) ロイ/投資利益率

投資費用に対して、どのぐらいの利益があったのかを測る指標。

[計算方法]

✔️(CV数 × 平均利益単価 - 広告費) ÷ 広告費 × 100

ROAS (Return On Investment) ロアス/投資広告コストの回収率

広告費用に対してどれだけ「売上」が上がったのか「投資した広告コストの回収率」を測る指標

[計算方法]

✔️(広告経由売上÷広告費) × 100%

10万の広告で、100万円の売り上げ = ROAS 1,000% (10倍の儲け)

LTV (Life Time Value) 顧客生涯価値

顧客がサービス・商品に、生涯どれくらいお金を使ってくれるのという指標。

例えば、有料会員の継続やECのリピート購入など、継続するほど「LTVが高い」。

まとめ

今回は、自分のサイトやブログのコンテンツや商品が揃ってくると、もっとたくさんのユーザーにアクセスしてもらいたいな、と思ったときの

お金に関する指標/KPIとして

どのぐらい集客にお金をかけた時、利益が見込めそうか集客予算(広告出稿)の見積もりを出したり

実際の効果はどうだったのか?を知りたいときに

役に立つ、Webマーケティングの用語や指標をご紹介しました。

✔️CPC (Cost Per Click)クリック単価
✔️CPC (Cost Per Click)クリック単価
✔️COST コスト
✔️CPA Cost Per Action コンバージョン単価
✔️CPM (Cost Per Mile) インプレッション単価
✔️CPF(Cost Per Follow)
✔️ROI (Return On Investment) ロイ/投資利益率
✔️ROAS (Return On Investment) ロアス/投資広告コストの回収率
✔️LTV (Life Time Value) 顧客生涯価値

Goolge Analyticsや、Goolge広告といった実際の広告出稿やアクセス解析でも目にすることが多い指標ですので

まずは一個ずつ、どんなときにどれを使うと、何がわかるか?を体感していくと、サイトの成長戦略に結びついていくと思います!

[参考情報]

▼Webマーケティングの実用入門書

Webマーケティングの基本や考え方を学ぶ実用入門書。 

解説記事ではSEOの現在の潮流をはじめ

・Googleウェブマスターツールの活用術
・Twitterをはじめとしたソーシャルメディアの効果的な運用法
・コンテンツマーケティングの極意など

Webマーケッターが必ず押さえておくべき事柄をわかりやすく説明しています。
Webマーケティング施策の「基本と本質」を身につけることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA