原油価格チャートUSO:WTI原油連動ETFとは?上昇下落の変動要因【コモディティ投資入門】

Stock

世界経済や政治情勢に大きな影響を与える重要な指標、原油価格についてです。

 原油価格チャート – USO(WTI原油連動ETF)

ユナイテッド・ステイツ・オイル・ファンド(United States Oil Fund LP)

デラウェア州の米国籍リミテッド・パートナーシップ。

  • 1口当たりの純資産価額が、ニューヨー クマーカンタイル取引所におけるWTI原油先物価格の変化率(オクラホマ州クッシングへ の配油価格の変化)に連動することを目指す。 
  • 当ファンドの事業形態は、コモディティプール。

原油価格はどう決まる?

原油価格は、その時点での市場の需要と供給のバランスで決まります。

需要面

  • 世界的な景気の動向や、石油消費国の経済成長、冬場の暖房需要などが、価格に大きな影響を与えます。
  • 中国やインドなどの新興国の経済成長に伴う石油需要の増大も、価格変動の要因の一つとなっています。

供給面

  • OPEC(石油輸出国機構)などの産油国の供給量や、天候による供給の減少、地政学的リスクの高まりによる供給の不安などが、価格に影響を与えます

原油価格の変動影響要因

  • 世界的な景気動向
  • 石油消費国の経済成長
  • 冬場の暖房需要
  • OPECの供給量
  • 天候による供給の減少
  • 地政学的リスク

原油価格上昇、下落と変動要因の例

変動要因 原油価格
1.世界的な景気が拡大
→原油の需要も拡大し、価格が上昇。
2.OPECが供給量を減らす
→需要に対し供給減
価格が上昇(↑)
1.世界的な景気が後退
→原油の需要も減少し、価格が下落。
2.OPECが供給量を増やす。
→需要に対し供給増
価格が下落(↓)

まとめ

原油価格は、世界経済や政治情勢に大きな影響を与える重要な指標です。

近年では、原油市場への投資マネーの流入も、価格の変動に影響を与える要因となっています。

投機家やファンドなどが、原油価格の上昇を予想して買いを入れると、価格が上昇する傾向にあります。逆に、原油価格の下落を予想して売りを入れると、価格が下落する傾向にあります。

原油価格は、さまざまな要因が複雑に絡み合って決まります。

米国株取引に強い証券会社

海外株取引に強い証券会社が「サクソバンク証券」です。

米国株から欧州株、中国本土、香港株まで、業界最多水準の11,000銘柄以上の外国株式を魅力的な水準の取引手数料で提供。

 「取引シグナル」「アナリスト予想」ツール提供など、ヨーロッパ発、先進の投資スタイルです。

  1. 取引手数料が業界最安値(約定代金の0.2%)
  2. 取扱銘柄数が多い(特に海外株は業界最多)
  3. 国内でスキャルピング取引を公認

米国株式などへの長期投資を通じた資産形成に最適な配当金再投資(DRIP)サービスを国内口座で唯一提供し、取引手数料無料。

サクソバンク証券の始め方

  1. サクソバンク証券の口座開設する
  2. 本人限定郵便物通知が届く
  3. 口座開設完了通知が届き次第完了

以上の流れで、海外株取引ができるようになります。

あわせて読みたい記事

「そもそもインデックス投資ってなに?」という方向け。

投資戦略で重要な「ポートフォリオ」の考え方を実例を多く説明されています。

「高配当・増配株投資戦略」の実践者の書籍です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA