【Blendar入門】MacBookでテンキーがない場合のショートカット設定方法と一覧

BlendarMonkey

無料3D制作ツールで高機能なBlendarは、ショートカットキーを使いこなせると生産効率が上がりますが、Windowsマシン、テンキーを前提としていることが多いため、MacBookでテンキーがない場合のショートカットの利用法についてご紹介です。

Blendarの視点(ビューポート)に関するショートカット一覧

VARYさんの動画がわかりやすかったです。

視点を切り替えるテンキーでのショートカット一覧はこちらになります。

キー視点の切り替え
[1]正面(フロント)
[3]右(ライト)
[7]上(トップ)
[9]裏側
[0]カメラ
[2]上向きに回転
[4]左向きに回転
[6]右向きに回転
[8]下向きに回転
[5]投影方法の切り替え
[/]選択したオブジェクトに視点

オブジェクト操作で使う、基本キー操作もご紹介しておきます。

キー
オブジェクトの移動

[G] (Grab)  

[S] (Scal) オブジェクトの拡大・縮小

[R] (Rotation) オブジェクトの回転

Blenderでキーボードの数字キーを利用する方法

このテンキー操作を、MacBookの数字キーで代わりに設定する方法です。

BlendarTenky

Edit Preferenes を選択

Emulate Numpad の ☑️チェックON

キーボード上部の数字のキーが、テンキーの代わりになります。

まとめ

無料3D制作ツールで高機能なBlendarは、ショートカットキーを使いこなせると生産効率が上がりますが、Windowsマシン、テンキーを前提としていることが多いため、MacBookでテンキーがない場合のショートカットの利用法についてご紹介でした。

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA