for inの使い方、ループ文とは?【JavaScript入門】

code

JavaScriptのループ文【for in】について詳しくみていきます。

ループとは?

ループは繰り返し何かを実行するための方法です

JavaScript で提供されるループ文は以下のとおりです。

for in 文の基本書式

for in文では、オブジェクトに含まれるプロパティ名を取得できます。

書式

      const objAsset = {株:30, 債券:60, コモディティ:10};

      for (let i in objAsset){
          console.log("objAsset." + i + ' = ' + objAsset[i]);
      }
オブジェクトとは?

【everything is an object】

JavaScriptでは、数値も文字列も配列もすべてはオブジェクト。
オブジェクトとは、データと属性がセットになったもの。

// オブジェクト名.プロパティ名
// オブジェクト名.メソッド名()
// オブジェクト名.メソッド名( 引数またはパラメータ )
プロパティとは?


名前(キー)値(バリュー)が対になったもの。

// 名前(キー): 文字列またはSymbolを利用
// 値(バリュー):任意のデータを指定。 


1つのオブジェクトは複数のプロパティを持つことができます。

実行結果

for in文 - 配列の場合

for inでは 配列 データをループで扱うこともできます。

書式

    const objAsset = ['株', '債券', 'コモディティ'];

    for (let counter in objAsset){
         console.log("objAsset." + counter + ' = ' + objAsset[counter]);
    }

実行結果

まとめ

JavaScriptのループ文【for in】についてでした。

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA