[Google Analytics] コンテンツ – 4つの分析と改善ステップ

Google Analytics

ブログ、アフィリエイト記事、商品詳細、YouTube動画など
魅力のあるコンテンツはユーザーを惹きつけ、サービスの成長に結びつきます。

今回は、Google Analyticsを活用し、コンテンツがどういう状態で、どう改善していくと成果につながっていくのかをご紹介します。

コンテンツを分析して改善をするには?

コンテンツの強さを知るために、以下の4つのステップで分析して改善いきます。

[ステップ1] 集客

ユーザーを増やせているか?

[ステップ2] 閲覧

ユーザーが最後までコンテンツを読んでいるか?

[ステップ3] 誘導

ユーザーがコンテンツ閲覧後、次のアクションに誘導できているか?

[ステップ4] 成果(CV)

ユーザーがコンテンツ閲覧後、誘導できているか?

[サイトの立ち上げ時期]などは
まず集客・閲覧のユーザーに興味を持ってもらうところを強化

[人が集まってきたら]
誘導や成果を改善していく

効率的にサイトをグロースさせることができます。

コンテンツ – 4つの分析と改善ステップ

1.集客 ユーザーを増やせているか?

KPI:UU / 流入数

まず最初に集客力をあげるのが大事です。検索流入を増やすことが安定を生みます。

2.閲覧 ユーザーが最後まで記事を読んでいるか?

KPI:滞在時間、スクロール

文書構成やレイアウト、読みやすさ、など
夢中になれるコンテンツに改善していきます。

3.誘導 ユーザーがコンテンツ閲覧後、誘導できているか?

KPI:直帰率、離脱率

レイアウトや導線をチェックし、次のアクションに進みやすくなっているかを改善していきます。

4.成果(CV)・・・ユーザーがCVにつながっているか?

KPI: 先行CV、到達CV

あなたのサイトのゴールであるコンバージョン(CV:記事を読む、商品購入、資料請求…など)に結びついている記事か

前後のステップも含めて分析して改善していきます。’

まとめ

コンテンツの強さを知るための、4つのステップを分析をご紹介しました。

1.集客
ユーザーを増やせているか?

2.閲覧
ユーザーが最後までコンテンツを読んでいるか?

3.誘導
ユーザーがコンテンツ閲覧後、次のアクションに誘導できているか?

4.成果(CV)
ユーザーがコンテンツ閲覧後、誘導できているか?

サイトの立ち上げ時期などは、まず集客・閲覧のユーザーに興味を持ってもらうところを強化、人が集まってきたら、誘導や成果を改善していくことで、効率的にサイトをグロースさせることができます。

どんなユーザーが、どんな記事に興味や期待を持って訪れて、コンテンツを閲覧した結果、ビジネスゴールにつながっているかを知り、ユーザーとビジネスのより良い関係を作っていきましょう。

[参考になった情報]

「わかりやすく実践的」と高評価を得たGoogleアナリティクスの定番書。

ECサイトやリードジェネレーションサイトなど、多様なサイトのビジネスを成長させるノウハウとテクニックを「260」の大ボリュームで収録しています。

・重要度が高まるタグ管理ツール「Googleタグマネージャ」
・高度なA/Bテストを実施できる「Googleオプティマイズ」
・情報共有に便利なレポートが作れる「Googleデータスタジオ」

にも対応。
Web担当者の現場に即した、仕事のための最強の「逆引き」となる1冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA