【Google Optimizeとは?】無料からはじめるグロースハック、A/Bテストツール

GoogleOptimize

かんたんにA/Bテストが実装できるツール「Google Optimize」について紹介していきます。

Google Optimizeとは?

https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/optimize/

Google Optimize360 の無料版として提供されているA/Bテストツールです。

HTMLにタグを挿入するだけで、画面上のテストする要素を変更することができ、手軽にA/Bテストが行えます。

Google Optimizeの特徴

  • データに基づいて対応。
    Google アナリティクスと連携して機能するため、ウェブサイト改善を短時間で把握できます。
  • 最適な要素をテストで判別。
    サイトのコンテンツを簡単にテストして、ユーザーに対して最も効果的な要素を判断することができます。
    A/B テスト、多変量テスト、リダイレクトテストなどが可能。
  • 魅力的でカスタマイズされた、ユーザーエクスペリエンスを提供。
    ユーザーによって好みは異なります。
    それぞれのユーザー層に合わせて、サイトのエクスペリエンスをカスタマイズできます。
  • 自分で対応可能。
    成果改善に向けて、ご自身の管理画面から数分で改善施策が行えます。
  • より多くの顧客を獲得。
    Google 広告用のカスタムランディング ページを作成すると、より多くのユーザーを顧客に変えることができます。

Google Optimizeの機能

ビジュアルエディタで、ユーザー セグメントごとにサイトの利便性をカスタマイズ、テスト結果のレポート、テスト管理、目標タイプ、GoogleアナリティクスやAdsなどとの連携も可能です。

https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/optimize/features/

ウェブサイトエクスペリエンスのタイプ

  • A/B テスト、A/B/ n テスト
    A/B テストや A/B/n テストで同じウェブページの複数のパターンをテストして、ユーザーに対して最も効果的なページを見極めることができます。
  • 多変量テスト
    多変量テストでページ上の複数の要素をテストして、どの組み合わせで目標を達成できるか確認できます。
  • リダイレクトテスト
    リダイレクトテストは A/B テストの一種で、別々のウェブページの比較テストができます。
    テストするパターンが、ページ要素ではなくURL で識別されるため、まったく異なるランディング ページをテストする場合や、デザインを一新したページをテストする場合などに特に便利です。
  • サーバーサイドテスト
    自分のシステムで独自のパターンを作成してテストを実施できます。
    オプティマイズを使ってレポートを確認し、最も成果の高いパターンを特定できます。
  • パーソナライズ
    ユーザーごとにパーソナライズされたエクスペリエンスを提供しましょう。テストで最も効果的と判定されたバージョンのサイトをすぐに公開するか、最初からパーソナライズされたサイトを作成します。

中小企業と、大企業向けGoogle Optimizeと価格

  • オプティマイズ
    サイトやアプリのバリエーションをテストできます。無料です。
  • オプティマイズ 360
    大企業向けの高度なマーケティング ツールを使って、サイトやアプリのバリエーションをテストできます。

まとめ

かんたんにA/Bテストが実装できるツール「Google Optimize」についてでした。

無料でここまでできるグロース環境があるのは素晴らしいですね。

Google AnalyticsやFireBase等と一緒に活用できるとサイト改善の強力な味方になるツールでした。

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA