Google Search Consoleで所有権の確認ができない。【ロリポップ、ムームードメイン】

トラブル

Google Search Consoleで所有権の確認ができない時の備忘録です。

意外とハマってしまい解決に数時間を無駄にしてしまいました。ロリポップ、ムームードメインを利用していて、同じ現象が起きる方がいたら、参考になれば幸いです…!

概要

課題】所有権の確認ができない。

利用状況:サーバなど

✔️Google Search Consoleに新しいドメインを登録したい
✔️ロリポップを利用している
✔️ムームードメインを利用している

再現:Google Search Console設定画面にて

1. プロパティの新規追加。登録したいURLを入れる。
2. ポップアップ「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」が開く。
3. TXTレコードをコピペする。
4. ムームーDNSの管理画面から、TXTレコードを登録。

あれ、24時間待っても、所有権エラーのまま確認できない…

【解決策】3つの手順

どうやら、ネームサーバの設置が「ロリポップ DNS」になっている場合、「ムームーDNS」変更しなければならないようです。

※ あくまで特定の状況に対する解決策なので、設定は自己責任でお願いします。

1. 「ロリポップDNS」→「ムームーDNS」に切り替える

ロリポップ公式:DNS切り替え手順
https://lolipop.jp/manual/user/dns-shift/

  1. [ロリポップ]ムームーDNSへ移行画面の表示
  2. [ロリポップ]ドメインの選択
  3. [ムームードメイン]ムームーDNSの利用設定
  4. [ロリポップ]ムームーDNSの仮登録
  5. [ムームードメイン」ムームーDNSのセットアップ
  6. [ムームードメイン]DNSの設定変更

こちらの手順で、DNSを切り替えます

2. TXTレコードを登録

ムームードメイン: TXT レコード – G Suite管理者ヘルプ
https://support.google.com/a/answer/1659743?hl=ja

  1. https://muumuu-domain.com からアカウントにログインします。
  2. 左側で、[ムームー DNS] をクリックします。
  3. [利用する](または、DNS の利用設定が済んでいる場合は [変更])をクリックします。
  4. [カスタム設定] をクリックします。
  5. [種別] から [TXT] を選択します。
  6. Google管理コンソールでの確認手続きで出力されるセキュリティトークンをコピペし [内容] 欄に入力します。
  7. [サブドメイン] は空欄のままにします。
  8. [セットアップ情報変更] をクリックします。

新しいDNSのTXTレコードに、セキュリティトークンが追加されます。

3. Google Search Consoleで確認

管理画面で「所有権の確認に成功」と出たら成功です!

私は数分で確認できました。

おつかれさまでした!!!

まとめ

ロリポップ、ムームードメインを利用していて、Google Search Consoleを使おうとした時に、所有権の確認に失敗する時の解決策の備忘録でした。

【今回の原因と解決策】
  1. 「ロリポップDNS」設定の場合、「ムームーDNS」に切り替える
  2. ムームードメインにTXTレコードを登録

あくまで今回の状況時の解決策なので、設定は自己責任でお願いします。

[関連書籍]

マーケティング/検索エンジンに強くなる Google Search Consoleの教科書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA