iELTSとTOEICスコア換算表、試験内容、対策の違い比較【英語力】

英会話

米国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリスなどの英語圏の国々に留学、就労、移住希望の人々の英語力を測定する試験 iELTSですが、TOEICとの内容違い、スコア換算などについてです。

TOEICとiELTSの違い

TOEICとは?

Test Of English International Communication

ビジネスや日常生活における英語によるコミュニケーション力をはかる試験

IELTSとは?

海外移住や海外の大学で求められる英語力をはかる試験

TOEIC / iELTS 試験内容

TOEIC試験の種類と内容

種類内容
Listening & Reading Test 「聞く」「読む」のテスト
Speaking & Writing Test 「話す」「書く」のテスト
Bridge Speaking Test 初・中級者の「話す」のテスト
Bridge Listening & Reading  Test 初・中級者の「聞く」「読む」のテスト
Bridge Speaking & Writing  Test 初・中級者の「話す」「書く」のテスト

iELTS試験の種類と内容

種類内容
アカデミックモジュール留学向け)「聞く」「読む」「話す」「書く」
ジェネラルモジュール移住向け)「聞く」「読む」「話す」「書く」

iELTSの特徴(TOEIC比較)

  • TOEICより試験セクション2倍多い→試験対策コスト高
  • 4つのセクションの平均点で測定→苦手なセクションを克服する必要

iELTS/TOEICスコア換算比較

iELTSスコアとTOEICスコアの換算比較です。

iELTSスコアTOEICスコアレベル
9.0Proficient(C2)
8.5
8.0Advanced(C1)
7.5970-990
7.0870-970
6.5820-870Upper Intermediate(B2)
6.0740-820
5.5600-740
5.0550-600Intermediate(B1)
4.5500-550
4.0450-490
3.5300-440Pre Intermediate(A2)
3.0291-299
2.5270-290Elementary(A1)
2.0260-269
1.5100-259Beginner

iELTS公式問題集で勉強する

公式問題集を使って、過去問や出題傾向を対策します。

オンライン英会話でiELTS対策

DMM英会話で、iELTSスピーキング対策教材を使って、独学では難しい”話す”対策を学ぶことができます。

まとめ

米国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリスなどの英語圏の国々に留学、就労、移住希望の人々の英語力を測定する試験 iELTSですが、TOEICとの内容違い、スコア換算などについてでした。

関連情報

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5

新形式問題に対応した公式教材最新刊。

・付属CDのリスニング音声の他、
・音声をスマートフォンやPCにダウンロード可能

・ETSが本番のテストと同じプロセスで作った問題
・公式スピーカーによるリスニング音声
・参考スコア範囲の換算表でスコア目安

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA