【Git/GitHubとは?】ひとりでこっそり使い方を練習する方法

code

チームで開発作業していると「ソースファイルをGitで管理するのが当たり前でしょ?」という前提で会話が進んでいる空気が流れてたります。

今回は「Gitってどうやって使うんですか?って、今さら聞きづらいなぁ。」という時に、ひとりでこっそり練習しておく方法をご紹介します。

まず自分の練習用の環境を作って、とにかく使ってみると覚えるのが簡単です!

Git/GitHubとは?

Git【ぎっと】

ソースファイルを一元管理する分散型バージョン管理システムです。

  • 「誰が」「いつ」「何を変更したか」の情報を記録
  • 過去の状態に復元したり、ファイルの内容の差分を確認できます。

Gitは下記の3つの場所があるのが特徴です。

  • リモートリポジトリ
     専用サーバにあり、複数人で利用
  • ローカルリポジトリ
     自分のローカルPC環境にあり、ユーザーひとりで利用。
  • 作業フォルダ(ワーキングツリー)
     ユーザーひとりの作業中のフォルダ

GitHub【ぎっとはぶ】

Gitのホスティングサービスのひとつです。

自分のソースを公開したり、プロジェクトで複数人で共有したりします。
前述の「リモートリポジトリ」に当たる部分です。

Gitを使うには?【準備編】

「リモートレポジトリ」と「ローカルリポジトリ」作成して、ソースファイルを管理する準備をしていきます。

リモートリポジトリを作る【GitHub登録】

まず、GitHub公式サイトでアカウント登録します。

GitHubエントリー

https://github.co.jp/

  1. 「ユーザー名」「メールアドレス」「パスワード」を設定します。
  2. 今回は無料の「Free Plan」を選択して、質問にはわかる範囲で答えます。
GitHub登録完了

登録が終わると完了画面が表示され、登録したメールアドレスにURLが送られてくるのでリンクを開きます。

“Repository Name”にリポジトリ名を入力します。
今回は「testpj」とつけておきます。

作成が完了するとURLができます。あとで使うのでメモしておきます。

これで、GitHubとリモートリポジトリを使う準備ができました!

ローカルリポジトリ【自分のローカルPC環境】

ローカル環境で作業する【ローカルリポジトリ】を作成します。

Mac OSXの場合)

今度はターミナルを立ち上げます。

今回のテスト用のディレクトリ’testpj’を作成し、移動します。

mkdir testpj
cd testpj

‘git init’コマンドでリポジトリを作成します。

$ git init
Initialized empty Git repository in /Users/***/testpj/.git/

これで自分のPC環境に空のローカルリポジトリが作成されました。

(参考)Gitのバージョンアップ方法

Gitのバージョン確認をします。

$ git --version
git version 2.20.1

brewで最新バーションに更新します。

brew update
brew install git

早速、Gitを使ってみる【利用編】

ソースファイルの追加・登録

今回のテスト用のディレクトリ’testpj’に、管理するソースファイルを作成します。

中身はなんでもいいのですが、こんな感じでtestpj.htmlを作ることにします。

vim testpj.html

こんなHTMLを書いて保存します。

<!doctype html>
<html lang="ja">

<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>Gitのテストです。</title>
  <meta name="description" content="">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">

</head>

<body>

  <p>Gitのテストです。</p>

</body>

</html>

vimエディタの場合は、’ECSキー’+’:wq!’コマンドで保存します。

作ったファイルを’git add’コマンドで、Gitのインデックスに追加します。

$ git add testpj.html

‘git add ファイル名’で対象ファイルを追加

$ git add .

‘git add .’で全てのファイルを追加

することができます。

‘git status’コマンドで追加されたかどうか確認できます。

$ git status

On branch master

No commits yet

Changes to be committed:
  (use "git rm --cached <file>..." to unstage)

    new file:   testpj.html

Untracked files:
  (use "git add <file>..." to include in what will be committed)

‘testpj.html’が追加されているのを確認しました。

‘git commit’コマンドで、Gitにコミットします。

$ git commit -m "Git練習です。"

‘-m’ でコミットメッセージを追加することができます。

これで自分のローカルPC環境にある【ローカルリポジトリ】にソースファイルを登録することができました。

Gitに登録したファイルを、リモートリポジトリへ送信

【ローカルリポジトリ】で登録したソースファイルを、公開用の【リモートリポジトリ】に送信します。

‘git remote add origin URL’コマンドでリモートリポジトリに追加します。
URLにはGitHubで作成した際にメモしたものを使います。

$ git remote add origin https://github.com/ユーザーID/リポジトリ名

続いて’git push’コマンドで、更新内容を送信します。

$ git push origin master

最初は、ユーザー名とパスワードを聞かれるので、先ほどGitHub作成した時のものを入力します。

ブラウザでGitHubを開いて、リポジトリを確認します。

ローカルPC環境で作成した’testpj.html’が登録されていますね!

ソースファイルの更新→登録

ソースファイルを更新した場合も、同様の手順で公開してきます。

▼ファイルをGitのインデックスに追加
$ git add testpj.html

▼Gitにメッセージ付きでコミット
$ git commit -m "コミットメッセージ"

▼リモートリポジトリにつなぐ準備
$ git remote add origin https://github.com/ユーザーID/リポジトリ名

▼リモートリポジトリに更新内容を送信
$ git push origin master

同様の手順でGitに登録すると、GitHubでファイルの中身が更新されているのを確認することができます。

これがGitでの一連の流れとなります。お疲れ様でした!

まとめ

チームで開発作業をしていると、ソースファイルをGitで管理するのが当たり前だったりします。

今回は「Gitってどうやって使うんですか?って、今さら聞きづらいなぁ。」という時に、ひとりでこっそり練習しておく方法をご紹介しました。

  • Git/GitHubとは?
  • Gitを使うには?【準備編】
  • リモートリポジトリを作る / GitHub登録
  • ローカルリポジトリ / 自分のローカルPC環境
  • 早速、Gitを使ってみる【利用編】
  • ソースファイルの追加・登録
  • ソースファイルの更新→登録

これでGitの基本的な環境構築と、ソースファイル管理作業の流れを、まずは実践することで掴めたと思います。

自分のGit練習場所を作ることができたので、あとはいくら失敗しても大丈夫です!色々試してできることを少しずつ増やしていければ、と思います。

関連情報

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA