ACHとは?仕組み、電信送信との違いや比較【海外送金】

wise

ACHとは?電信送信との違いについてです。

ACHとは?

ACH: Automated Clearing House

アメリカの送金ネットワークの1つです。

ACHの仕組み

「様々な銀行の送金の情報を一挙に集めて処理する仕組み」

毎日決められた時間に、アメリカ中の銀行は、その日に申し込まれた送金の情報をまとめてACHへ送る。これらの情報を受け取ったACHはその日のうちに送金リクエストを処理し、通常翌朝に送金を完了。

銀行が直接送金を処理するのではなく、別組織を経由し、送金に1~2営業日程度かかる。

ACH活用は、米国内送金がメイン

例えば、給与振込や家賃支払いなどの銀行振り込みは、自動的にACH送金が利用されています。

ACHと電信送金との違い

ACH送金電信送金
送金用途主に国内送金大口の国内送金・海外送
送金手数料安い高い
受け取り手数料なしあり
送金スピード遅い
送金依頼をまとめて処理
速い
送金依頼をすぐ処理

ACH送金 【安い、遅い】

数多くの送金依頼がまとめて処理されるので安く、遅い

電信送金 【高い、速い】

送金リクエストがあったらすぐに処理が行われるため、速い。

銀行が依頼を個別に処理するため、手数料が高い(1回あたり30~50ドル)。

参考)Wise https://wise.com/jp/blog/what-is-ach

まとめ

ACHとは?仕組み、電信送信との違いや比較についてでした。

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA