【React入門】Firebase Hostingに公開する方法 – デプロイ

Firebase

こんにちわ、ゆえっくま(@ux_bear)です。

開発したファイルを、Firebase Hositingでデプロイ(公開)する方法について、Reactで開発したWebアプリを公開するまでの流れを例にご紹介していきます。

【利用した環境】

  • Firebase Hosting:
    SPAなど静的ファイルをデプロイできるGoogleサービス
  • OS:
    Mac OSX
  • Webアプリ:
    React.jsで作成したファイル

Firebaseとは?についてはこちらの記事をご参考ください。

1. Firebaseプロジェクトを作成

ブラウザで Firebaseサイト( https://firebase.google.com/)を開きます。

+プロジェクトを追加を選択します。
プロジェクト名を付けます。ここでは「test-app」にしました。

Google Anaylitics連携したい場合は、アカウント連携します。

これでFireBaseプロジェクトが作成できました。

2. Firebase初期設定(CLI)

続いてターミナルを開いて、Fiebaseの設定をしていきます。

下記コマンドで、Firebase CLIをインストールします。

$ npm install -g firebase-tools

【用語】Firebase CLI(コマンドライン インターフェース)とは?

Firebase プロジェクトの管理、表示、デプロイを行うためのさまざまなツールを提供。
https://firebase.google.com/docs/cli?hl=ja

3. create-react-app – Reactアプリ作成

以下のコマンドで、好きな場所にReactアプリ用のディレクトリを作ります。

$ npx create-react-app test-react-app

先ほどブラウザで作成したFirebaseプロジェクト名”test-react-app”を指定して、Reactアプリを作成しました。

Happy hacking!

と表示されたら成功です。

指定した”test-react-app”ディレクトリができていることを確認します。

$ ls
test-react-app

$ cd test-react-app

$ ls
README.md package-lock.json public
node_modules package.json src

$ cd ../

ディレクトリの中に、Reactファイルに必要なものが作られています。

Reactの詳細はこちらの記事をご参考ください。

4. Firebase連携

作成したReactアプリの、”test-react-app”ディレクトリに移動します。

$ cd test-react-app

firebase login – Firebaseにログインします

$ firebase login

ログイン済みの場合

”Already logged in as ***@gmai.com”と表示されるのでそのまま続けます。

未ログインの場合

ブラウザの認証画面が開きます。

Firebaseのプロジェクト作成したGoogleアカウントでログインします。

ターミナルに戻ります。

ログイン完了

下記が表示されていれば、ログイン成功です。

✔ Success! Logged in as xxxx@gmail.com

firebase.init – Firebaseの接続設定

以下の初期設定コマンドを実行します。

$ firebase init

こんな画面が表示されます。

 ######## #### ########  ######## ########     ###     ######  ########
 ##        ##  ##     ## ##       ##     ##  ##   ##  ##       ##
 ######    ##  ########  ######   ########  #########  ######  ######
 ##        ##  ##    ##  ##       ##     ## ##     ##       ## ##
 ##       #### ##     ## ######## ########  ##     ##  ######  ########

You're about to initialize a Firebase project in this directory:
xxx/xxxx/test-react-app

「↑」「↓」で移動し、「Spaceキー」を押して選択します。

【エラーが出る場合】
僕はここでうまくいかなかったので備忘録です。

FireBase initでエラーが出る
https://uxbear.me/tech-firebaseinit/

使うFirebaseの機能に応じて設定していきます。

 ◯ Database: Deploy Firebase Realtime Database Rules
 ◯ Firestore: Deploy rules and create indexes for Firestore
 ◯ Functions: Configure and deploy Cloud Functions
❯◉ Hosting: Configure and deploy Firebase Hosting sites
 ◯ Storage: Deploy Cloud Storage security rules

今回は、公開のお試しなのでHostingを選択しました。

Enterキーで決定します。

次に、すでにあるプロジェクト使うのか、新規作成なのか?など聞かれます。

? Please select an option: (Use arrow keys)
❯ Use an existing project
  Create a new project
  Add Firebase to an existing Google Cloud Platform project
  Don't set up a default project

今回は、すでに最初にブラウザで、Firebaseプロジェクトを作成しているので

Use an existing projectをスペースキーで選択し、Enterで決定します。

次に「test-react-app-xxxx」をスペースキーで選択し、Enterで決定します。

? What do you want to use as your public directory? public
? Configure as a single-page app (rewrite all urls to /index.html)? No
? File public/index.html already exists. Overwrite? No

このように設定します。

  Firebase initialization complete!

と出たら接続設定の成功です!

ディレクトリの中身を確認します。

$ ls -a

.firebaserc        firebase.json

firebase.jsonfirebasesrcが追加されました。

firebase.jsonを編集します。

Publicディレクトリが対象になっているので、Reactのbulidディレクトリに変更します。

{
  "hosting": {
    "public": "public",
    "ignore": [
      "firebase.json",
      "**/.*",
      "**/node_modules/**"
    ]
  }
}
【参考】firebase.json ファイルで Firebase Hosting の構成を定義
https://firebase.google.com/docs/hosting/full-config?hl=ja

[任意] Reactアプリの編集

※ この作業は必須ではありません。

自分のReactアプリが、デプロイされたことが見た目でわかるように、src/App.jsを編集してみます。

<p>タグ部分を下記のように「Reactアプリを、Firebaseにデプロイしました!」に編集しました。

import React from 'react';
import logo from './logo.svg';
import './App.css';

function App() {
  return (
    <div className="App">
      <header className="App-header">
        <img src={logo} className="App-logo" alt="logo" />
        <p>
           Reactアプリを、Firebaseにデプロイしました!
        </p>
        <a
          className="App-link"
          href="https://reactjs.org"
          target="_blank"
          rel="noopener noreferrer"
        >
          Learn React
        </a>
      </header>
    </div>
  );
}

export default App;

firebase deploy- Firebaseに公開

アプリをビルドします。

$ npm run build

結果に

> test-react-app@0.1.0 build /xxxx/xxx/test-react-app
> react-scripts build

Creating an optimized production build...
Compiled successfully.

File sizes after gzip:

: (省略)

Compiled successfully.

Compiled successfully.が表示されたらビルド成功です。

5. Firebaseに公開(デプロイ)

以下のコマンドで、Firebaase hostingサービスに公開します。

$ firebase deploy

結果に、`Deploy complete!と出たらデプロイ成功です!

=== Deploying to 'test-react-app'...

i  deploying hosting
i  hosting[test-react-app]: beginning deploy...

: (省略)

  Deploy complete!
Project Console: https://console.firebase.google.com/project/test-react-app-xxxx/overview
Hosting URL: https://xxxxx.xxx

”Hosting URL: https://xxxxx.xxx”と表示されているのが、

デプロイされたFirebaseのURLです。
こちらをコピペして、ブラウザで確認してみましょう。

先ほどApp.jsで設定した画面が表示されていればReactアプリのFirebaseデプロイ成功です!

おつかれさまでした!

今後は、この方法でローカルでReactアプリを編集して

FireBaseにデプロイしていくことができます。

【おまけ】デプロイ後の管理

Firebaseのコンソールからロールバックすることなど可能です。

デプロイしたアプリを削除する

デプロイしたアプリの削除には下記のコマンドを入力します。

$ firebase hosting:disable

下記の質問がある場合 y を選択します。

? Are you sure you want to disable Firebase Hosting?
This will immediately make your site inaccessible! Yes
✔ Hosting has been disabled for xxx. Deploy a new version to re-enable.

デプロイしたアプリが削除されました。

Firebase公開前に、ローカルで確認するには

firebase serve

こちらのコマンドで、ローカル環境で確認します。

まとめ

開発したファイルを、Firebase Hositingでデプロイ(公開)する方法について、Reactで開発したWebアプリを公開するまでの流れを例にご紹介していきます。

  1. Firebaseプロジェクトを作成
  2. Firebase初期設定(CLI)
  3. create-react-app – Reactアプリ作成
  4. Firebase連携  
  5. 【おまけ】デプロイ後の管理
  6. まとめ

とても簡単だったので、ちょっとしたWebアプリを試したり、アクセスが増えるまではFrebaseで開発するのは便利だな、と思いました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA