JSONの書き方

code

データのやり取りをするときによく使われる形式、JSONについてのご紹介です。

JSON(JavaScript Object Notation)とは?

軽量なデータ記述言語の1つ。JavaScriptにおけるオブジェクトの表記法がベースだかが、JavaScript専用のデータ形式ではなく、様々なソフトウェアやプログラミング言語間におけるデータがやり取りできるよう設計されたもの。

JSONの構造

{
  "Name": ”Sato”,
  "Age": 21,
  "Occupation": "Engineer"
}

全体

  • {...}(波括弧)で囲む

データ

  • 名前(key)と、値(value)のペア
  • keyとvalueは:(コロン)で区切る
  • データは,(カンマ)で区切る

データの形式

  • keyは文字列、valueは様々なデータ型で記述可能
  • 文字列は必ず""(ダブルクオーテーション)で囲む

JSON形式

種別形式
文字列 “…”{ “name”: “Sato” }
数値123, 12.3, 1.23e4 など{
“age”: 21,
“tax”: 0.08,
“math”: 2.3133e-34
}
ヌル値null{ “name”: null }
真偽値 true, false{
“x”: true,
“y”: false
}
オブジェクト{ … }“user_info”: {
“user_id”: “test0101”,
“user_name”: “Sato Taketo”
}
配列[…]“color_list”: [ “red”, “yellow”, “blue” ]

まとめ

以上、JSON形式でした。

関連情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA