Gitで本名が公開されて焦る。【最初にやっておきたい設定】

gitcommand

git pushまでやってみたら、GitHubのユーザー名に本名が漢字で公開されていて焦ったので(汗)

その原因・解決策についてと、初心者が最初にやっておきたいGitの設定についてご紹介します。

【原因】Gitで最初にやっておきたい設定

OS Xのアカウント情報がそのまま使われ、GitHubに公開されてしまうので
次のコマンドで、Gitで公開するユーザー名とメールアドレスを登録しておきます。

$ git config --global user.name "ユーザ名"
$ git config --global user.email "xxx@xxxx.com"
$ view ~/.gitconfig

ちゃんと設定できているか確認します。

使い始める – 最初のGitの構成 |Gitドキュメントにちゃんと書いてありましたね…。

【解決方法】GitHubの本名を消す方法

上記の初期設定を行った後

GitHubのリモートリポジトリを消します。

Settingを押して、スクロールしていくとDelete this repositoryというボタンがあるので押します。

続いてターミナルで、

作業していたディレクトリに移動し、.gitファイルを消します。

rm -rf .git

あとはもう一度、

GitHubでリモートリポジトリを作成し直し

ターミナルから git initでGitのローカルリポジトリを作り直しました。

【最初の設定】.gitconfigでまとめて設定

~/.gitconfigでまとめて設定したり、現在の設定を確認することができます。

[core]
        filemode = false
        editor = vim
        excludefile = ~/.gitignore_global
[user]
        email = xxxx@xxxx.com
        name = xxxusername
[merge]
        tool = vimdiff
[alias]
        st = status
        co = checkout
        br = branch
        up = rebase
        ci = commit
[color]
        ui = auto

コマンドでこちらを設定しておくのと、同じ効果です。

## ユーザー情報
$ git config --global user.name "ユーザ名"
$ git config --global user.email "xxx@xxxx.com"

## 使用するエディターの設定
$ git config --global core.editor vim

## コンフリクト時に、使用するエディターの設定
$ git config --global merge.tool vimdiff

## chmod でのパーミッション変更の有無
$ git config core.filemode false

## .gitignore_globalの利用
$ git config --global core.excludesfile  ~/.gitignore_global

## カラーの設定
$ git config --global color.ui auto

## エイリアスの設定
$ git config --global alias.st status
$ git config --global alias.co checkout
$ git config --global alias.br branch
$ git config --global alias.up rebase
$ git config --global alias.ci commit

まとめ

GitHubのユーザー名に本名が漢字で公開されていて焦ったので、その原因・解決策についてと、初心者が最初にやっておきたいGitの設定についてご紹介しました。

その他、初心者が押さえておきたい、Gitコマンド一覧についてはこちら

関連書籍

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA