[グロースハック] プロダクトを成長させる、グロースチームの作り方

グロース

プロダクトの成長を最大化させる「グロースチームを作るには、どういうメンバーがいるとよいか?どういう進め方をすると効果的か?」についてご紹介していきます。

目次

  1. グロースチームのメンバーの選び方
  2. グロースチームも成長
  3. グロースの回し方

1.グロースチームのメンバーの選び方

グロースチームに参加するメンバーを選ぶ時、下記のような役割(≠職種)があります。

それぞれ専任が一人いる場合や、小規模・スタートアップなどでは、ひとりでいくつかの役割を兼任することもあります。

グロースリード

✔️役割:チームの重点領域と目標、スケジュールを設定する。

・重点領域を月、3ヶ月、1年など決定し、アイデアの優先順位付けを行う。

・効果測定の指標を現在の目標に合わせる。

・マネージャー、プロダクトオーナー、データアナリストを合わせたような役割。

プロダクトマネージャー

✔️役割:プロダクトの価値の最大化に責任を持つ。

・プロダクトチームの構成は、企業や組織によって異なる

・グロースチームに参加するエンジニアリング担当者とマーケティング担当者を決める。

エンジニア

✔️役割:アイデア検討からエンジニアリング観点で参加し、プロダクトの機能や実験ページなどを実装する。

・請負ではなく、エンジニアリング観点でアイデア検討に参加

・グロースには、テクノロジー観点からユーザー課題を解決していくハッカーマインドが重要。

マーケティングスペシャリスト

✔️役割:ユーザー獲得から、プロダクト内コミュニケーションまで、一貫して責任を持つ。

・専任で置くことを強くオススメ。

・エンジニア×マーケティングスペシャリストによってアイデアの質向上。

・コンテンツマーケ、SEO、など必要な専門領域でアサイン。

・期間限定で複数の特定領域のスペシャリストがチームに入ることもある。

アナリスト

✔️役割:アイデアの、顧客データの収集、整理、分析を行う。

・専任ではなく、複数チーム掛け持ちの場合も多い

・小規模なアイデアの場合、エンジニア・マーケティング担当が兼務することもある

・結果をレポートするアナリストと、深掘りするサイエンティストに役割を分けることもある

・データ分析を、とりあえずアサインや安易な外注は、データか避ける。

プロダクトデザイナー

✔️役割:ユーザー心理から素早くプロトタイプの形にすることで、検証スピード向上。

・役割は業種によって異なる

 ソフトウェア→UIや操作設計
 広告/販促→グラフィックデザイナーなど。

・UXデザイナーなら、ユーザー視点をチームに広める。

2. グロースチームも成長

・上記の役割を専任でおくこともあれば、いくつか兼務することもある。

・特定の目的のために期間限定のタスクフォースで、チームを結成・解散することもある。

・獲得、活性化、継続など、ファネルごとにグロースチームがあったり、横断で置く場合もある。

組織やプロダクトの状態によってグロースチームの規模は変ります。

最初は少人数から始め、実績や目的に応じて、だんだん大きくしていくのがオススメです。

3. グロースの回し方

グロースのサイクルは

「素早い実験で、成長機会を発見して最大化していく、継続的なサイクル」です。

グロースのサイクル】

  1. データ分析
  2. 洞察収集
  3. アイデアの生成
  4. 実験

実験と結果を振り返って

見込みがありそうなアイデアにリソースを集中し、

そうでないアイデアは捨てる。

このサイクルを繰り返し

0.1%でも毎日積み重ねることで、

中長期的に、5%…10%とグロースさせていく。

プロセスをうまく回すコツ

グロースミーティングの実施(週1程度)

・目的とKPIを明確にし、PJメンバー全体に共有し、施策と効果を全て可視化する。

チームメンバーの役割を明確にする

・データの共有、アイデア、施策の具体化まで、それぞれの役割やグロースへの貢献を明確にする。

経営陣との合意形成、味方にする

・データで根拠あるレポートで示すことで、組織抵抗とも向き合っていく。

グロースの回し方のポイント

・プロダクトと一緒に、グロースチームも成長・変化していく。

・データが大事。しかしデータを過信しすぎない。

・本当にユーザーから必要とされているプロダクトか?を判断してからグロースをはじめる。

「グロースは、 Product/Market Fitの後に来る」- Dropbox Sean氏

まとめ

グロースハック

経験上

「ビジョンと今集中すべき目的と数値が、日常的にメンバーが触れている状態」

を作り出すのが、第一歩であり、チーム作りの鍵だと思います。

実務では、経営陣から「メンバーが数値を見ていない、売上に繋がってない。」などの問いかけをされることも多いと思います。

ゴール達成に向けて、いくつかの数値に分解したKPIツリーや、ユーザーファネルで効果の高いポイント数値で可視化したり、数値だけではわからない定性的なユーザーインタビューの深掘りをレポートするなど

「今、プロダクトがどういう状態で、どう解決しようとしているのか?」

メンバーや経営陣、クライアントなど、関係者全員で共有することが大事です。

サービスモデルや組織によって最適解は異なり、成長ステージによっても変化するので、

短期的効果より指標から試行錯誤しながら、プロダクトとチームの成長率をみて改善し、持続する仕組み・文化にしていく。

そんな成長するチームの作り方や考え方のヒントが、グロースハックには詰まっていると思います。

関連書籍】

いちばんやさしいグロースハックの教本 人気講師が教える急成長マーケティング戦略 「いちばんやさしい教本」シリーズ

いちばんやさしいグロースハックの教本 人気講師が教える急成長マーケティング戦略 「いちばんやさしい教本」シリーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA