Notionのデータベースとは?ビューやプロパティ、スプレッドシートとの違い

GoogleFinance

「オールインワン・ワークスペースの万能ツール」と言われるNotionですが、パワフルな機能を支えるNotionのデータベースとは?3つの特徴とスプレッドシートの違い”プロパティ”“ビュー”についてです。

Notionのデータベースとは?

Notionのデータベースは、ページの集合体。

公式情報)https://www.notion.so/ja-jp/help/intro-to-databases

Notionデータベースの3つの特徴

Notionデータベースは、スプレッドシート等と、以下の違いがあります。

  1. アイテムはすべて、編集可能なページに。
    データベースに入力されたアイテムはすべて、独自のNotionページで情報を階層化できる。
  2. カスタマイズ可能なプロパティ
    プロパティを追加して、日付、ユーザー、テキスト、リンクなどでデータベースアイテムを説明、ラベル付け、拡張することができる。
  3. 切り替え可能な複数のレイアウト
    同じデータベースをもとに、ボード、リスト、カレンダー、ギャラリー、タイムラインなどで情報を表示できる。

データベースプロパティ、ビューとは?

項目内容
データベースプロパティによって情報を管理する方法
プロパティ情報を整理する切り口。ラベリング:ステータスや属性値など
ビューデータベースの表示の仕方。

Notionデータベースの作り方

Notionでデータベースを作成する3つの方法。

  1. ワークスペースで新しいページを作成
    ページにグレーで表示されているメニューから、好きなデータベースレイアウトを選択。
  2. 既存ページにデータベースページを作成
    /とその後に希望するデータベースレイアウトを入力。
    フルページバージョンを選択。
  3. ページのインラインにデータベースを作成
    /とその後に希望するデータベースレイアウトを入力。
    インラインバージョンを選択。

まとめ

「オールインワン・ワークスペースの万能ツール」と言われるNotionですが、パワフルな機能を支えるNotionのデータベースとは?3つの特徴とスプレッドシートの違い、”プロパティ”と“ビュー”についてです。

Google社のBIツール「Google Data Portal」では、目的別に用意されている”テンプレート”を使って、楽にレポートを作成方法でした。

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA