【SEO相性良い】”Native Lazy-load” WordPressプラグイン – Googleが公開

lazyload

こんにちわ、ゆえっくま(@ux_bear)です。

SEOとも相性が良い、Web表示速度を上げる画像読み込みが、自動で設定されるWordPressプラグインとなって、Googleより公開されました。

Google Releases Native Lazyload Plugin for WordPress

Lazy-load (遅延読み込み)とは?

Webの表示速度向上技術のひとつ。
サイトに表示される画像を、必要に応じて必要な分だけ読み込む。

例えば、ニュースサイトで

✔️起動時に文字や構成だけ先に表示して、ユーザー操作できる状態にしておき

✔️ページ下にある画像は、スクロールに応じて表示する。

レイテンシー(物理的な表示速度)だけでなく、UX体感速度も上げることができます。

Google Botの進化により、SEOとも相性がいい実装となります。

今までも、jQueryなどで同様の”Lazy-loadプラグイン”はありましたが、

今回は、Google社より、JavaScriptなしで自動設定できるWordPressのプラグインの登場です。

WordPressで、Native Lazyloadを使うには?

【Native Lazyload 導入手順】

✔️「Native Lazyload」プラグインをインストールし、有効化します。

✔️<img>タグと、<iframe>タグに、自動的にloading=”lazy”属性が追加されます。

導入後にソースをみたら、HTMLに属性が追加されていました。

<img **/native-lazyload/assets/images/placeholder.svg" 
alt="ゆえっくま" 
width="150" height="150" 
class="lazy" loading="lazy" 
data-src="**.jpg/>

既存JavaScriptとの干渉もあり得るので、ちゃんと動作テストすることをオススメします。

僕の環境では、特に問題なく動いています。

関連書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA