ブログを書く時間がないサラリーマンがやった3つのこと【副業術】

Edit

ブログ記事を書くのに、時間ってどのぐらいかかるものでしょうか?

僕は、最初はひとつの記事に余裕で3-4時間かかっており、「こんなに時間がかかるの!?」と疲労感に悶えてました。

「慣れ」の部分が大きいですが、このままではその前に続けられなくなる、と「サラリーマンの副業」というスタンスで、【3つの時間効率化】に取り組みました!

1.ブログを書く時間を決める【習慣化】

まず、自分のライフスタイルでブログに使う時間を決めます。

なるべく具体的に出すと効果的です。

行動時間単位
通勤、休み時間行き、帰り30分、待ち時間5分
帰宅後20時-23時、曜日、残業や用事有無でパターン化
休日午前3時間、散歩の時間など

次にブログ作成をステップとタスクに分けてみます。

行動時間単位
アイデア・記事構成細切れ時間5分でも作業可能
記事執筆15分あれば可能
校正・整形まとまった時間、PCが必要

先程、書き出した時間にあてはめていきます。

僕の場合、こんな割り振りです。

行動時間単位
通勤スマホでアイデア帳メモ、記事構成案
帰宅後執筆作業、時間がないときはリライト・キーワード調査
休日執筆、記事校正・整形、タイマー投稿

隙間時間はスマホでリサーチ、メモ、家にいるときはPC作業という感じで時間を分けてます。

一週間の決められた時間、場所、隙間時間にやること決めておくと「何しようか?」と悩む時間がなくなるので、オススメです。【ルーティン化】

個人的に、最初の3ヶ月は、覚えることも、やることも多いので、飲み会や休日出かけるのを減らしたりして、集中的に時間をとって仕込みの期間にできると後が楽かな、と思います。

そして疲れたら、ちょっと休むのも大事ですね…!

サラリーマン副業スタイルは、1日で使える短期の時間は限られてるけど、日常とリンクさせてコツコツ積み上げる時間をかけられるが強みです。

「気がついたら、3年続いてた。」ぐらい日常化するのが理想的です!

2.時間効率、テクノロジーの力【ライフハック】

スタイルが決まったら、まずはやってみて、うまくいかないところなど改善していきます。ツールやテクノロジーの力を使って楽をしていきます。

行動時間単位
通勤スマホでアイデア帳メモ、記事構成案
→脳内・スマホで作業
帰宅後執筆作業、時間がないときはリライト・キーワード調査
→帰宅後PCを開く習慣付、スマホでも続き作業
休日執筆、記事校正・整形、タイマー投稿
→じっくりPCで作業できる時間をとる
外出時にアイデア思いついたら即メモできる体制。
  1. そのままWordPressにコピペすると整形の手間が省けるMarkDown記法
  2. スマホとPC両方で隙間時間に作業ができるGoogle Drive
  3. PCではMarkdwon記述が使える、Atomエディタを利用

僕はこちらのツールを使うことで、格段に時間効率とストレスが減らせて、記事を書くことが習慣化できました!

隙間時間でスマホである程度、記事構成と整形まで書き溜めておけるのは大きいですね。

まとまった時間で一気書こうとすると疲弊するので、まずは細切れ時間を使ってコツコツ下書き溜めていくのがオススメです。

やってみながら、しっくり来なかったり、もっといいやり方を見つけたら試して、自分なりに改善していきます。

だんだん慣れてきて時間をかけなくてもできるようになってきます。

定期的に振り返る時間を持つ【レベルアップ】

慣れると、ただ作業をこなして、前に進んでいる実感も沸かなくなるので振り返りの時間を持ちます。

僕は、10記事書くごとと毎月を節目として、振り返りの時間としアウトプットにすることで、取り組んだこと、自分の感じたことや、頭の中などを整理しています。

半年ぐらいは、PVも収益も上がらない仕込みの期間があるので

まずは基礎体力として記事数を【レベル上げ】としてレコーディングしていくとゲーム感覚で続けられるようになってくるのでオススメです!

まとめ

「時間がないサラリーマンが、ブログを続けるためにやった3つの時間効率化」のライフハックをご紹介しました。

毎日はしんどくても、週2回更新はできるのではないでしょうか?

「サラリーマン✕副業スタイル」は1日で使える短期の時間は限られてるけど、焦らなくても日常とリンクさせて毎日コツコツ積み上げていく時間が武器なので

最初の3ヶ月は、自転車を漕ぎ始めてる状態です。

慣れるまで辛いですが「気がついたら1年経ってた。」ぐらい習慣化するところまで辿り着けると楽になると思います!

あわせて読みたい

関連情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA