【イメージで覚える】スコアアップTOEIC試験の時間配分

Time

TOEIC試験にかかる時間は

リスニング【45分】+ リーディング【75分】 =合計【2時間】

という長時間のテストですが、実際受けてみるととにかく時間が足りません…!

そこで高得点を取るための「効果的に問題を解く時間の使い方」についてご紹介します。

試験中に持ち込みできる時計とリンクできる【イメージで覚える、時間配分】にまとめてみました。

時計でイメージする、TOEICの時間配分

TOEICというものは、英語の難易度より量・スピードが問われるテストです。

900点取る人でもギリギリです。

「解ける問題を、確実に解く。」

という選択と時間が、基本戦略となります。

リスニングセクション Part 1 – 4【約45分】

公式のTOEICテスト会場では、13:00から開始となることが多いです。

前半のリスニングは、録音音声で進むので、このパートは、自分で時間配分は気にしなくて大丈夫です。

ナレーションが流れている間に、問題を先読みしておきましょう!


リーディンセクション Part 5 – 7【75分】

リスニング45分が終わると、だいたい13:45でリーディングが始まります。

15:00終了までの【75分】の間に指示はないので、自分で時間配分を決めて進行する必要があります。

問題数と時間配分

TOEICは問題の難易度に関係なく、同じ点数となります。

リスニング【100問】+リーディング【100問】 =【 計200問】【2時間】で解きます。

難しくても、簡単な問題でも、同じ点数ですので

スコアの観点でも「解ける問題を、確実に解く。」という

時間配分を考慮した戦略が有効です。

リスニングセクション(約45分)

リスニングは音声再生で自動的に進むので、時間配分は気にしなくて良いです。

Part問題数時間配分
1Photographs
写真描写問題
6なし
2Question-Response
応答問題
25なし
3Conversations
会話問題
29なし
4Talks
説明文問題
30なし

リーディンセクション(約75分)

Part 5,6を【20分】で終わらせ、Part 7に【55分】確保するのがおすすめです。

Part問題数時間配分
5Incomplete Sentences
短文穴埋め問題
3010分
6Text Completion
長文穴埋め問題
1610分
7Single Passages
ひとつ文章
Multiple Passages
複数の文章
29

25
55分
(25分+30分)

公式問題集で、試験前にシミュレーション

公式TOIEC問題集を使って、時間配分を意識したシミュレーションをします。

なるべく時計の針を本番に近い時間帯に合わせて練習しておくと、本番時に時間感覚が身についていると思います。

リスニングパートは

音声再生が45分自動で流れていくので、「解ける問題を見分けられているか?」を確認すれば良いです。

リーディングパートは

自分で時間配分する必要があるので

「解ける問題の見分け」「Partごとの時間配分を意識」

を何回か、公式問題集で実践していくと掴めるかと思います。

ぜひ、一度お試しください!

公式TOIEC問題集 をチェック。

関連情報


公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5

新形式問題に対応した公式教材最新刊。

・付属CDのリスニング音声の他、
・音声をスマートフォンやPCにダウンロード可能

・ETSが本番のテストと同じプロセスで作った問題
・公式スピーカーによるリスニング音声
・参考スコア範囲の換算表でスコア目安

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA