【インデックス投資】トータルリターン とは?イメージ図で考えてみた。

Stock

ETFや投資信託情報をみていると「分配金」「トータルリターン」という言葉をよく見かけます。どう見たらいいのか?わからりづらかったので、イメージ図で考えてみました。

※投資は自己責任でお願いいたします。

トータルリターン とは?

ETFや投資信託の情報ページにいくと、こんな情報を見ませんか?

バンガード社のVOOの例です。

トータルリターン (総収益率)とは?

投資ポートフォリオの総収益は、ポートフォリオの資本増価だけでなく、ポートフォリオで受け取った収入も考慮に入れます。

収入は通常、利息、配当、証券貸付手数料で構成されます。

--WikiPedibaより

どういうことか、言葉だけではわかりにくいのでイメージにしていきます。

トータルリターン の考え方

あくまで例えばですが、イメージにするとこのような感じです。

投資してからある期間での

トータルリターン(総収益)

= キャピタルゲイン(譲渡益)+インカムゲイン(再投資された分配金)

という構造になっています。

トータルリターン を事例で考えてみます

例えば、ある資産を100万で買ったとします。

A) 1年後、資産の価格が”+プラス”になった場合

キャピタルゲイン(譲渡益) +10万円
=1年経った後の評価額(110万円) - 買った時の金額(100万円)

+

インカムゲイン(再投資した分配金) +20万円

-------------------------

= トータルリターン (総収益) +30万円

トータルリターン率(%)で表されることが多いので

トータルリターン(総収益) +30万円
-------------------------------------  
          投資金額 100万円

= リターン率 30%

リターン率は、ある期間においてリターンがどれだけ変動したかを表す指標となります。

期間を、直近1ヶ月、1年、3年、設定来(商品開始から)で掲載していることが多いです。

B) 1年後、資産の価格が”-マイナス”になった場合

キャピタルロス(譲渡損) ▲(-)40万円
=1年経った後の評価額(60万円) - 買った時の金額(100万円)

+

インカムゲイン(再投資した分配金) +20万円

-------------------------
= トータルリターン (総収益) -20万円

トータルリターン率(%)で表されることが多いので

トータルリターン(総収益) ▲(-)20万円
--------------------------------------------- 
              投資金額 100万円

= リターン率 -20%

図にすると、このようなイメージとなります。

TotalReturn

まとめ

nomadworker

ETF、投資信託でよく聞くトータルリターン(総収益)とは?について、イメージで考えてみました。

売買損益(キャピタルゲイン)、分配金(インカムゲイン)を、トータルで捉えているということですね。

トータルリターン(総収益)
= キャピタルゲイン(譲渡益)+インカムゲイン(再投資された分配金)

一見、分配金が高くても、資産自体の価値が下がれば、トータルリターン がマイナスになることもある。

そしてあくまで過去の数値なので、未来がどうなるかはわからないことも注意です。

資産の値動きに一喜一憂して売買しなくても安定した配当がある、インカムゲイン重視戦略は魅力ですし、

資産を増やす段階にある場合はトータルリターンやボラリティ(プラス・マイナス変動の大きさ)もポートフォリオ設計に影響してくるでしょう。

自分の人生にあった、投資戦略の分析や銘柄選定の経験を積んでいきたいものです。

※投資は自己責任でお願いいたします。

[関連書籍]

マンガで投資信託をわかりやすく解説。


ポートフォリオの考え方を実例を多く説明されています。


そもそもインデックス投資ってなに?どうやるのかわかりやすく説明されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA