英語面接で聞かれる、 5年後の自分(in 5 years)とは?回答例【外資系転職】

jobinterview

外資系企業に転職する際に必要な英語面接でよく聞かれる質問「自分の5年後(in 5 years)」についてです。

“Where Will You Be in 5 Years?”とは

“5年後の自分はどうなっていると思いますか?”

この質問で、面接官が知りたいことは

「応募者が具体的に目標を答えられるか?」

  • 応募者のキャリアにおける目標は?
  • 目標と職務内容が合致するか?
  • 目標達成に向けた強いモチベーションがあるか?

基本的な回答のアプローチ例

  1. 将来を思い描き、会社と関連付ける。
  2. 関連する質問で興味や意欲を示す。

のように整理しておく必要があります。

英語面接での”5年後の自分”の回答例

回答例:

"As I learned more about this role and your company, I became excited about potentially having a future here. In 10 years, I see myself leading a team. I want to learn all that I can about this role first and advance my skills to earn that kind of position. I'm happy to start in this role and get to know the team and process well and then start to have more responsibilities. What are your long-term goals for someone in this role?"

(日本語訳)

「御社やこの職務について知れば知るほど、その将来性に意欲の高まりを感じます。10年後の自分はチームをけん引する立場になっていると思います。まず最初に、この仕事について学び、そのような役職に就けるようにスキルを高めていきたいです。この職種からスタートして、チームやプロセスについて知り、大きな責任を負うようになれればうれしいです。この職務に就く人に長期的に望むことは何ですか?」

参考)【ビジネス英語】英語面接で聞かれる強みと弱みの回答例39選

https://jp.indeed.com/career-advice/interviewing/interview-question-what-are-your-strengths-and-weaknesses

オンライン英会話レッスン

DMM英会話を使って、実際に講師と会話することで、本番前に面接対策と場慣れを得ることができます。

「ジョブインタビュー対策がしたい。」と言うと、合わせてくれます。面接用の教材もあります。

英語での職務経歴書(Resume)の書き方

まずは書類エントリーして通らないと面接に辿り着けないので、レジュメ(Resume)の書き方についてです。

あわせて読みたい記事

客観的に英語力をスコア化したい場合、英語圏に留学・移住する際にiELTSもおさえておくと良いです。

合わせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA