ノイズキャンセルの種類とは?ヘッドセット、イヤホンマイク【ANCとCVC6.0/8.0の違いまとめ】

headphone

テレワークや音楽を聴くとに、ヘッドセットやイヤホンマイクで周りの音を消してくれる「ノイズキャンセル」機能ですが、いくつか種類があり、目的によって技術レベルや価格も異なるため、注意点などのまとめとなります。

ノイズキャンセリングの3種類

  1. パッシブノイズキャンセリング【ノイズキャンセルしない】
    →積極的にノイズキャンセリングしない。耳栓の仕組みの延長。
  2. アクティブノイズキャンセリング(ANC)【”聴く”時のノイズキャンセル】
    →外の音をイヤホンが取り込んで解析して、それを「打ち消す」ことでノイズキャンセル。
    AppleやSONYのワイヤレスイヤホンの高性能機種に搭載
  1. 通話用(CVC)ノイズキャンセリング【”話す”時のノイズキャンセル】
    →マイクで集めた音を解析して、「通話相手に」自分側の騒音を伝えないようにしてくれるノイズキャンセリング。
    # CVCノイズキャンセニング、CVCノイズキャンセレーションと表記されている場合もあるが同じ機能。

音楽など聴く時と、通話で話す時で、ノイズキャンセル機能が異なる。

  • Apple AirPodsのように音楽を聴く時→アクティブノイズキャンセリング(ANC)
  • 低価格なヘッドセットにも搭載されている→通話用(CVC)ノイズキャンセリング

CVC6.0 / CVC8.0とは?

cVc™ ノイズキャンセレーション

CVC: Clear Voice Capture 

  • 通話を行う際にマイクからの声に対して、ノイズの除去を行う技術。
  • Qualcomm社が保有。CSR社チップ搭載のBluetoothチップに含まれる。
  • Bluetoothチップにソフトウェアライセンスが含まれいるため、低価格。
  • CSRチップは多くの製品に採用されている。

CVC8.0
2018年頃登場。規格情報は少ないが、6.0との大差はないと思われる。

まとめ

音楽など聴く側と、通話で話す側で、ノイズキャンセル機能が異なります。

・Apple AirPodsのように音楽を聴く時→アクティブノイズキャンセリング(ANC)
・低価格なヘッドセットにも搭載されている→通話用(CVC)ノイズキャンセリング

音楽など”聴く”用のヘッドイヤホン

アクティブノイズキャンセリング(ANC)

Apple AirPods Pro

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

完全ワイヤレス/ Amazon Alexa搭載 /Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル / マイク付き 360 Reality Audio認定モデル ブラック WF-1000XM3 BM

オンライン会議など”話す”時用のヘッドイヤホン

【CVC8.0+ ENCデュアルマイク】 Bluetooth イヤホン

ワイヤレス イヤホン Hi-Fi 高音質 Bluetooth5.1 自動ペアリング AACコーデック対応 CVC8.0ノイズキャンセリング 両耳通話 最大10時間音楽再生 ブルートゥース イヤホン 左右分離型 両耳/片耳対応 マイク内蔵 スポーツイヤホン 小型 IPX7防水 iPhone/iPad/Android適用
TaoTronics ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.0 進化版 
18時間連続再生 apt-X HD対応 cVc8.0 ノイズキャンセリング IPX7防水 HiFi音質 マグネット搭載 スポーツ仕様 (ブラック) TT-BH071JP01

ロジクール ヘッドセット H111r ステレオ 3.5mm接続

ノイズキャンセリング マイク 軽量 ヘッドフォン windows mac Chrome テレワーク リモートワーク Web会議 国内正規品 2年間メーカー保証

あわせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA