【インデックス投資】VTとは? – 世界全体に投資する、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

Stock

VTとは?

VT バンガード・トータル・ワールド・ストックETF 米国籍のETF(上場投資信託)。

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動する投資成果を目指す。

  • 先進国と新興国市場を対象、米国内外の株式で構成
  • 時価総額加重の算出法を採用
  • 保有銘柄は四半期ごとにリバランスされる

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスとは?

FTSE社が提供している全世界株式指数(時価総額加重平均型)。

日本を含むアメリカなどの先進国、成長著しい新興国のインドや南アフリカなど、全世界株式市場(47か国)の大型株から小型株まで含む。

全銘柄は約7,400銘柄で構成されており、全世界の株式市場時価総額約98%をカバー。(2020.08.01現在)

VTの価格チャート

VTの概要・ETF比較

VTと、米国株式S&P500連動を目指すETFであるVOOIVVと比較してみました(2020.05.28時点)

銘柄
(ティッカー)
VTVOOIVV
運用会社VanguardVanguardBlack Rock
ベンチマークFTSE
全世界株式指数
S&P500S&P500
構成銘柄数約7,800銘柄約505銘柄約500銘柄
コアセクターテクノロジー
金融
IT企業
ヘルスケア
IT企業
ヘルスケア
ETF純資産130億ドル
(約1.4兆円)
1,390億ドル
(約14兆円)
約2,060米億ドル
(約22兆円)
リバランス四半期四半期 四半期
配当時期四半期
3月/6月/9月/12月
四半期
3月/6月/9月/12月
四半期
1月/4月/7月/10月
配当金利回り
(年率%)
1.83%1.68%1.54%
経費率
(年率%)
0.08%0.03%0.03%
設定日2008/06/282010/09/092000/05/19

全世界株式に分散投資しているカバー率、経費率の安さが特徴的です。

では、どのように世界株式に分散投資しているのか?構成比率を見ていくことにします。

投資アプローチ

  • FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動する投資成果を目指す。
  • 先進国と新興国市場を対象、米国内外の株式で構成
  • 時価総額加重の算出法を採用。
  • 保有銘柄は四半期ごとにリバランス

セクター構成比率

VTの組み入れ銘柄のセクター構成です。(2020.06.20時点)

全世界株式の時価総額ベースなので、IT、金融が多く占めます。

Vangardより

地域別構成比率

地域(国)別の構成比率です。(2020.06.30現在)

こちらも時価総額ベースなので、上位はアメリカ56.7 %、日本7.5%、中国4.6%…という順で構成されています。

組み入れ上位10銘柄

SYPDの組入銘柄は高配当株中心で、S&P500の80社以上に均等分散されています。上位10銘柄は下記です(2020.05.28時点)

名称数量ファンドの割合
MSFT:USマイクロソフト1.83 百万372.18 百万2.83
AAPL:USアップル998.99 千364.43 百万2.77
AMZN:USアマゾン・ドット・コム103.56 千285.71 百万2.17
FB:USフェイスブック586.90 千133.27 百万1.01
GOOG:USアルファベット73.49 千103.88 百万0.79
GOOGL:USアルファベット72.23 千102.42 百万0.78
BABA:USアリババ・グループ・ホールディング428.42 千92.41 百万0.70
JNJ:USジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)644.15 千90.59 百万0.69
700:HK騰訊控股[テンセント・ホールディングス]1.40 百万89.53 百万0.68
V:USビザ412.93 千79.77 百万0.61

時価総額ベースなので、米国FANGMや、中国アリババ・テンセントなどの巨大IT企業が上位を占めます。

パフォーマンス

コロナショックの動きなど、過去のパフォーマンスをPortfolio Visualizerで検証してみました。

米国株式S&P500に連動する、同じVanguard社のVOOと比較してみました。

ポートフォリオグロース

VOOの方が成長率が高いという比較結果になりました。

これは近年の米国株式市場や、GAFAなどのIT企業の成長率が高かったことが要因だと思われます。

今後も米国株式市場の成長率がどうなるか?

  • VOOのような米国株式市場S&P500連動か?
  • VTのような全世界分散投資にするか?

など将来見込みとリスク分散によって投資戦略が変わってきそうです。

年リターン推移

実際に、日本で海外ETFを購入するには?

証券会社の「定期買付」機能を使って、海外ETFの積立投資をする方法を、具体例で紹介しています。

まとめ

全世界株式に投資できるETFVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)を分析してみました。

米国株式S&P500連動しているETFと比べるとパフォーマンスは劣りますが、

このETFで、全世界の株式に分散投資できるというリスク分散し、時価総額ベースでリバランスしている点はやはり魅力的でした。

特性を理解した上で、中長期視点でインデックス投資のポートフォリオのひとつとして組み入れたいETFでした。

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

ポートフォリオの考え方を実例を多く説明されています。

そもそもインデックス投資ってなに?どうやるのかわかりやすく説明されています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA