【Unity入門】Unity Hubとエディタ設定して始める方法

Unity

Unityを試す機会があったので、セットアップの方法の備忘録です。

Unityとは?

https://unity.com/ja

Unityは、統合開発環境を内蔵し、複数の機材に対応するゲームエンジンである。開発はユニティ・テクノロジーズ。日本法人はユニティテクノロジーズジャパン合同会社。ウェブプラグイン、デスクトッププラットフォーム、ゲーム機、携帯機器向けのコンピュータゲームを開発するために用いる。100万人以上の開発者が利用している。
引用元:Wekipediaより

ゲーム作るモノですね。

Unity Hubとは?

複数のバージョンのUnityエディタを簡単に管理することができるツール。

プランと価格

プラン比較表

https://store.unity.com/ja/compare-plans?currency=JPY

Unity Hubのダウンロード

今回はお試しなので、個人開発者向け無料プラン「Personal」でUnityをはじめてみます。

https://store.unity.com/ja#plans-individual

  1. ”Personal”(個人開発者向け無料)
  2. ライセンス契約書の確認・同意
  3. インストールパッケージをダウンロード

ダウンロードファイルを展開して、Unity Hubセットアップします。

Unity Hubの設定

Unity Hubを開きます。

そのままでは使えないので、初期設定とUnity Hubにエディタを追加します。

環境設定(歯車)で初期設定

Env
  1. [インストール先] エディタのインストール先を指定
  2. [言語] 日本語
  3. [ライセンス] Unitiyライセンスを追加していない方は設定します。

インストールUnity Hubエディタを追加

Install
  1. インストールボタンを押し、新Ver.のエディタをインストール
  2. 追加したいコンポーネントの選択
  3. 言語パッケージに日本語を追加

しばらくインストール待ちになります。

完了すると、プロジェクトを作成する準備ができました!

プロジェクトの作成

プロジェクト 新規作成でプロジェクトを作成します。

なんでもいいのですが 3D with Extraで作成します。

必要な項目を選択すると、プロジェクトが作成されます。

プロジェクトを開くと、Unitiyエディタが立ち上がります。

UnityEdita

これでUnity開発の準備ができました!

関連情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA