Oculus Questアプリ開発モードの設定まとめ【Unity】

OculusVR

Oculus Questを「開発者モード」でアプリ開発していく時の設定まとめです。

開発環境サマリー

  • [Mac] Unity + Oculus Integration package  + VR Plugin Management
  • [Oculus Quest] “開発者モード” + Type C USBでMac接続

それぞれの設定方法のサマリーと、Oculus Developerの公式情報です。

 1. UnityでOculus開発環境構築

https://developer.oculus.com/documentation/unity/unity-conf-settings/

  1. 1.Unityプロジェクトを作成
    ・ビルド設定、プロジェクト設定。
    ・Oculusデバイスのターゲットプラットフォームは、[Android]
  2. Asset Store から [Oculus Integration]をプロジェクトにインポート
  3. [XR Plug-in Management]を有効化
  4. レンダリング設定
  5. 4.品質設定を定義
  6. Androidマニフェストファイルを生成

詳しい設定方法は、Unity公式情報をご参考ください。
 

2. Oculusデバイスのセットアップ方法

https://developer.oculus.com/documentation/native/android/mobile-device-setup/?locale=ja_JP

組織への参加または組織の作成

新しい組織を作成

https://dashboard.oculus.com/organizations/create/ に入り
開発者アカウントで適切な情報を入力します。

既存の組織に参加するには、管理者から招待してもらいます。

Oculusデバイスの開発者モードの有効化

開発者組織に所属したら、次の手順に従ってデバイスを開発者モードにします。

  • iOSやAndroidのスマートフォンでOculusアプリを起動します。
  • [設定]メニューで、開発に使用するOculusヘッドセットを選択します。
  • [詳細設定]を選択します。
  • [開発者モード]をオンに切り替えます。

これでOculus Questアプリのテスト環境ができました。

3. アプリをビルドして実行

  1. OculusとMacをTypeC USBケーブルでつなぎます。
  2. [File (ファイル)] > [Build and Run (ビルドして実行)]

問題なければ、Oculus内でダイアログの設問に答え、作成した3Dシーンが表示されます。

あわせて読みたい記事

Unity – xR開発してみたい。

ゲームエンジンUnityを使って、xRアプリを作ることができます。

Unityは最も広く使われているVR開発プラットフォームで、HoloLens体験の91%以上が「 Made with Unity」製(Unityを使って制作)です。

VR、AR、MRのいずれであろうと、Unityの高度に最適化されたレンダリングパイプラインとUnityエディターの迅速なイテレーション能力を活用してXRであなたが思い描くビジョンを実現できます。 – Unity公式サイトより

https://developer.oculus.com/documentation/unity/unity-tutorial/?locale=ja_JP

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA