Oculus Quest ハンドトラッキング開発のメモ【Unity】

OculusVR

Oculus Questアプリ開発で「ハンドトラッキング」実装のメモ書きです。

開発環境サマリー

  • [Mac] Unity + Oculus Integration package  + VR Plugin Management
  • [Oculus Quest] “開発者モード” + Type C USBでMac接続

 UnityでOculusのハンドトラッキングを設定

Hand Tracking in Unity | Oculus Developers

Oculusで手を表示する

カメラの設定

[Hierarchy]から MainCameraを消します。

Prefab追加

ASSETS/VR/Oculus/Prefab/” から

OVRCameraRig を[Hierarchy]にドラック&ドロップで追加。

右手と左手の OVRHandPrefab である
LeftHandAnchorRightHandAnchor を同様に追加。

Inspector設定

追加した LeftHandAnchorRightHandAnchorを選んでInspectorを開き

☑︎Enable Physics Capsules にチェックを入れる
手の当たり判定ができるようになります。

Build & Runをすると、Oculus上でハンドトラッキングができるようになります。

あわせて読みたい記事

Unity – xR開発してみたい。

ゲームエンジンUnityを使って、xRアプリを作ることができます。

Unityは最も広く使われているVR開発プラットフォームで、HoloLens体験の91%以上が「 Made with Unity」製(Unityを使って制作)です。

VR、AR、MRのいずれであろうと、Unityの高度に最適化されたレンダリングパイプラインとUnityエディターの迅速なイテレーション能力を活用してXRであなたが思い描くビジョンを実現できます。 – Unity公式サイトより

https://developer.oculus.com/documentation/unity/unity-tutorial/?locale=ja_JP

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA