Googleスプレッドシートの表をMarkdown形式に変換する方法【MarkdownTableMaker】

Edit

ブログやWikiに表データを貼り付けたいな、と思った時に便利な

Googleスプレッドシートで作成した表データをMarkdown記法に変換するアドオン【MarkdownTableMaker】 のご紹介です。

MarkdownTableMakerとは?

MarkdownTableMaker

Googleスプレッドシートのアドオンです。
表データをMarkdown記法に変換してくれます。

イメージとしては

前)Googleスプレッドシートの表を

後)Markdown記法に変換します。

|   | A社 | B社 | C社 |
| --- | --- | --- | --- |
|  1月 | 10 | 40 | 70 |
|  2月 | 20 | 50 | 80 |
|  3月 | 30 | 60 | 90 |

変換結果をコピペするか、ファイルに保存して使います。

MarkdownTableMakerの導入方法

下記のGoogle ChromeのWebStoreから【MarkdownTableMaker】を開きインストールします。

tps://chrome.google.com/webstore/detail/markdowntablemaker/cofkbgfmijanlcdooemafafokhhaeold – Google Search

Googleアカウント認証があるので、問題なければOKにします。

Google Driveと連携します。

これでセットアップは完了です!

MarkdownTableMakerの使い方

Googleスプレッドシートを開きます。

表を作成して、変換したい範囲を選択しておきます。

ツールバーからAdd-onsを選択します。

プルダウンメニューから
MarkdownTableMaker ▶︎ Convert Range to Markdown Table
を選択します。

右欄に、Markdownのテーブル形式に変換されたコードが出力されます。

これをコピペするか、ファイルに保存して使えるようになりました!

さらに使いこなすには

もっと詳しい使い方、最新情報はこちらの公式サイトからどうぞ。markdowntablemaker.com

GitHubへの貼り付け方なども掲載されています。

まとめ

表をブログやWikiに貼り付けたいな、と思った時に便利な方法。


Googleスプレッドシートで作成した表データをMarkdown記法に変換する【MarkdownTableMaker】のご紹介でした!

これで地味に面倒だった表作成作業が楽になりました!

Markdown記法については詳しくはこちらの記事もご参考ください。

Markdown記法書き方のサンプル付き一覧【効率化】 | UX BEAR【ゆえっくま】

関連情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA