【防災ロープ術】役に立つ、動画で覚えておきたい結び方5術

ロープの結び方

防災やキャンプで役に立つ、覚えておきたいロープの結び方5術です。

いざ役に立つ、ロープ術5選

覚えておきたい、5つの基本のロープの結び方です。

  1. 自在結び
  2. もやい結び
  3. 本結び
  4. 1重つなぎ
  5. クローブヒッチノット

1. 自在結び【じざいむすび】(英: Taut-line hitch トートライン・ヒッチ)

結び目をスライドさせて張りを自由に調整。 

テントやタープを張る時の「自在金具」と同じ機能の結び方です。

ロープを芯に結びつける方法(ヒッチ)のひとつ。

2. もやい結び(英: Bowline ボーラインノット)

負荷が加わっても解けにくく、作ったループが縮まらず安定します。

避難はしごなどで使う結び方です。

“Bow: 船首”の意味で、本来は船をつなぎとめるための結び方。
船を係留杭などにつなぐことを「舫う(もやう)」といいます。

3. 本結び(英: リーフノット ReefKnot、米:Squareknot)

ロープや紐の端同士をつなげる結び方のひとつ。
短い2本のロープをつないで長く使いたい場合などに有効です。

“堅結び”などとも言われます。

4. 一重継ぎ【ひとえつぎ】(英: シングルシートベンド Single sheet bend)

ロープや紐の端同士をつなげる結び方のひとつ。


太さ・材質の異なるロープや滑りやすいロープでも確実に結ぶことができるので、2本のロープを繋ぐときには本結びよりよく使われています。

5. 巻き結び【まきむすび】(英: クローブヒッチノット Clove hitch)

ロープを芯に縛り付ける結び方のひとつ

立ち木や杭などにロープを固定する。

ロープの種類、練習用とキャンプ・防災用

実際にロープを使って動画を見ながら練習して、普段から動きを身体で覚えておくことが、防災やキャンプの事前訓練となります。

練習用ロープ(ポリエステル)

練習用に安価なロープです。

多目的ロープ(キャンプ・防災用)

実際にアウトドアや防災用に使えるロープです。

「ガイロープ」はテントやタープを張るためのロープ。

「パラコード」は紐の種類です。

多用途ロープ 多機能ロープ 多目的ロープ ザイルロープ
10mm 軽量アルミカラビナ付 多機能コード 補助ロープ 耐荷重1200kg 

クライミングロープ(登山・防災用)

登山や、避難で使うロープです。

GM CLIMBING 30kN 11.5mm ダブルブライド リギングロープ
ポリエステルシースとナイロンコア編み

クライミングロープ(英語:Climbing rope)とは、ロープのうちクライミングに使用するものです。

以前はザイル(ドイツ語:Seil)と言われていました。

まとめ

防災やキャンプで役に立つ、覚えておきたいロープの結び方5術でした。

あわせて読みたい書籍

防災グッズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA