ローリスクの週末起業、副業【スモールビジネスの教科書 】

buziness

充実したプライベート、上手くいけば比較的安定的な利益を狙える可能性のある「スモールビジネス」とは?

スモールビジネスとは?

「小規模で行われるビジネス」

スモールビジネスを行う人を、中小企業庁では「小規模企業者」と定義しています。

  • 製造業など:従業員20人以下
  • 商業・サービス業など:従業員5人以下

ベンチャー、スタートアップ企業とはなにがちがうのでしょうか?

スモールビジネスの定義

スモールビジネスの教科書」では以下のように定義されています。

  • 年間安定して3000万円以上、自由に使える金を2年以内に創出出来る
  • 事業価値の最大・最速成長よりも安定着実を重視し関係者に対して利益をもたらす
  • 売上は100億円以下を目安とする
  • オーナーの人生の自由度を重視し自己資本での運営を基本とする

スモールビジネスが与えてくれるもの

  • 安定した高い収入
  • 充実したプライベート
  • 共通の価値観を持ち時間・精神に余裕のある友人
  • 自分ならではの独自性
  • 追求しがいのある目標
  • 対人関係のストレスからの解放

スモールビジネスの教科書

スモールビジネスで労働という名の無限の競争から脱出し、自由な人生を楽しもう!

まずはスモールに、しかし確実に始めなさい!

スモールビジネスの教科書

序章 スモールビジネスの概要

  • スモールビジネスとは何か

第一章:スモールビジネスの戦略を立案する

  • 戦略構築ステップ1 .自分の経験を振り返り探査領域を定める
  • 戦略ステップ2 .探査領域において儲かっている企業を発見し儲かる手法を知る
  • 戦略ステップ3 .対象顧客セグメントを明確にし、バーニングニーズを発見する
  • 戦略構築ステップ4. 成功している企業の「儲かる手法」を改変しマイナーチェンジコピー品を創出する

第二章 スモールビジネスの戦略を実行する

  • 検討の進め方
  • 事業計画の作成と市場への参入戦略
  • ラクスル事例から考えるスモールビジネス

代理店と直販の考え方

  • スモールビジネスを実行する
  • スモールビジネスその後

まとめ

充実したプライベート、上手くいけば比較的安定的な利益を狙える可能性のある「スモールビジネス」についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA