遺産分割協議書とは?書き方やサンプルなど【老後資金】

相続税

相続の際によく聞く遺産分割協議書とは何でしょうか?書き方やサンプルについてです。

遺産分割協議書とは?

遺産分割協議で合意した内容をまとめた書類。

遺産分割協議の流れ

  1. 相続人全員の参加が必要
  2. 話し合いで遺産分割の方法と相続の割合を決定
  3. 遺産分割協議で相続人全員の合意が得る
  4. 内容をまとめた遺産分割協議書を作成

産分割協議書の書き方

遺産分割協議書の書式は決まっていないが、下記の項目は記載必須。

  • 遺産分割協議書に必要な記載事項
  • 被相続人の名前と死亡日
  • 相続人が遺産分割内容に合意していること
  • 相続財産の具体的な内容(預金の場合は銀行名・支店名・口座番号など)
  • 相続人全員の名前・住所と実印の押印

遺産分割協議書のサンプル

三井住友銀行のサイトに遺産分割協議書のサンプルが掲載されています。

遺産分割協議書作成後

遺産分割協議書を作成した後にやることです。

相続自体の手続きは「財産を相続したとき」を参考ください。

  • 実印を押印して全員が1通ずつ所持
  • 相続人全員が署名、実印を押印する必要がありる
  • 印鑑証明書も添付、相続人全員が同じ物を1通ずつ所持。
  • 遺産分割協議書作成後に内容を変更することは、基本的にはできない。
    変更するには相続人全員の合意が必要。

まとめ

相続の際によく聞く遺産分割協議書とは何でしょうか?書き方やサンプルについてでした。

最新の情報は国税庁のサイトをご参考ください。

参考) 国税庁HP 財産を相続したとき

あわせて読みたい書籍

あわせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA