スマホで確定申告できる!副業&フリーランスの税金【e-Tax入門】

iphone

2019年1月からスマホで確定申告ができるようになったので、国税の申告や納税、申請・届出手続きシステム【e-Tax】を試してみた感想です。

スマホ × 確定申告 スマート申告始まります! - 国税庁
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/smart_shinkoku/index.htm

確定申告は、副業やフリーランスで売上が発生する前でも、ふるさと納税や医療費控除、保険等の節税対策としても使えるので、会社員の方でも先に試しておくことができます。

とくに確定申告期間中の税務署はたいへん混雑しており、長い行列待ちで時間がもったいないので、前もってe-Taxの準備をしておくとネットで申告できるのでストレスがありません。

e-Tax(イータックス)とは?

e-Taxは、インターネットで国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続ができるシステムです。

出典:国税庁e-Taxサイト

e-Taxの特徴

  1. 自宅からネットで申告可能
  2. 添付書類の提出省略
  3. 還付が早い
  4. 24時間受付

メリット

  • ネットで確定申告できる
  • 確定申告期間中は24時間
  • 添付書類の提出を省略可
  • 還付まで早い

デメリット

  • 事前手続きが必要
  • サイトで行うので、税務署の人に聞きながらできない。

最初の準備が少し手間ですが、一度準備しておくと今後が楽になるメリットが大きいです。

スマホからe-Taxを使うには?【事前手続き】

初期登録までの流れ – eTax
https://www.e-tax.nta.go.jp/toroku/index.htm

e-Taxを始めるには

 平成31年1月以降のe-Tax利用のイメージ – 出典:国税庁e-Taxサイト
  1. 「マイナンバーカード方式」
  2. ID・パスワード方式」◀︎ 今回はこちら

スマホから申告する場合は、

「ICカードリーダー」と「マイナンバーカード」がなくても申告できる

「2. ID・パスワード方式」で始めます。※期間限定の暫定措置のようです。


国税庁のサイトに下記の説明があったので

<ID・パスワード方式>

「ID・パスワード方式の届出完了通知」の発行は、税務署で職員による本人確認を行った上で発行しますので、運転免許証などの本人確認書類をお持ちの上、お近くの税務署にお越しください。

近所の税務署に行ってみました。

税務署が空いてる時間:
祝日以外の月曜〜金曜日 午前8時30分〜午後5時

持っていったもの:
運転免許証などの身分証明書

僕は平日の雨の日にに行ったので比較的空いてました。

フリーランスや自営業と思われる方をチラホラ見かけました。

受付で職員の方に

「e-Taxをスマホで使いたいので、

 "IDパスワード方式"で新しく始めたいです。」

と告げると、手続きが始まります。

すでに過去に確定申告したことがあって利用者識別番号を持ってる場合でも伝えると手続きを案内してくれます。

実際の手続きは、このような流れでした。

  1. 税務署にあるパソコンで、職員さんの指示のもと、住所など必要事項を入力します。
  2. 職員の方と身分証明書を確認します。
  3. パスワードを設定します。
  4. 設定完了すると、利用番号とパスワードを印刷してもらいます。

僕の場合は、トータル15分ぐらいで手続きが完了しました。

これで、e-Taxサイトにログインできるようになりました。

来年から税務署に行かなくても、スマホから確定申告できますね!

スマホから確定申告をする【確定申告期間】

あとは確定申告期間になったら、作成した利用者識別番号とパスワードでe-Taxソフトにログインして、スマホで確定申告をします。

※2020年(令和2年)の場合、確定申告期間は2月17日(月)から3月16日(月)まで。
所得税は、確定申告の期限日である3月16日(月)までに納付します。

e-Taxだと早めに 24時間(システム稼働時) いつでも申告できるので時間的な余裕もあります。

※e-Tax利用の場合、1月上旬から確定申告を行うことが可能

最新・詳細情報は国税庁のサイトをご確認ください。

e-Tax - 国税庁
https://www.e-tax.nta.go.jp/

確定申告特集 - 国税庁
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/index.htm

素晴らしい。

しかし申請がネットでできるようになっただけで、売上や経費など申告のための収支を会計帳簿につける手間は変わりません。

そこでオススメなのが、こちらの会計クラウドサービスです。

クラウド会計で、かんたん確定申告【自動化】

これらのクラウドサービスは、国税庁のe-Taxソフトウェアと提携しているので、そのまま申請することができます。

やよいの白色申告オンライン

インストール不要で、初心者でもかんたんに使えるクラウド白色申告ソフト
選べる料金プランで、フリープランなら無料で確定申告書が作成できます。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)

ステップにそって質問に答えるだけで確定申告の書類を作成でき、経理や確定申告がはじめての方でもカンタンに利用できます。サポートも充実しています。

個人事業主向けプランには、「スタータプラン」と「スタンダートプラン」がありますが、まずは無料で試すことができます。

ふるさと納税や株やFXの損益も申請できるので、合わせて使うと節税になります。

ちょっとした売上のうちは必要ないですが、ある程度の売上規模になってきて、
PC購入など経費にしたほうが節税効果がある場合は、日々の経理管理にオススメなので、

パラレルワーカー、個人事業主になったときのイメージを掴むためにも、無料で試しておくと今後の事務手続きストレスが減らせると思います!

まとめ

少しずつですが、場所と時間を選ばない便利な世の中になってきましたね!

余談ですが

国税庁、e-Taxのサイトがわかりにくくて、何回もドロップしかけました。

これから働き改革で、長く働けるように副業やフリーランスという多様なワークスタイルを選択できるようにしていくのであれば、

IT先進国【エストニア共和国の電子政府】のような、UXと利便性も追求していただきたいものです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA