確定申告とは?申請書の書き方、やり方、期間 – クラウド会計ツール3選比較 -【弥生オンライン、freee、マネーフォワード】

eTax

確定申告とは?必要な確定申告書と各項目に見方と、導入すると便利なクラウド会計ツール【弥生オンライン、freee、マネーフォワード】について説明していきます。

1. 確定申告とは?

確定申告とは、個人や法人が納税額を確定させるにあたり、申告手続きをすること。

個人の場合、毎年1月1日から12月31日までの1年間で得たすべての所得金額とこれに対する所得税および復興特別所得税を計算し、

納税者本人もしくは代理人にあたる税理士・税理士法人が、原則として翌年の2月16日から3月15日までの間に、税務署に申告する手続きをします。

– MoneyForward

2. 2021年の確定申告の変更ポイント5点

  1. 基礎控除の見直し
  2. 給与所得控除の引き下げ
  3. 青色申告特別控除の控除額の変更
  4. ひとり親に関する控除の見直し
  5. 配偶者控除・扶養控除の判定基準の見直し

出典) 2021年(令和3年)の確定申告変更点は?5つの注意点を解説!

3. 確定申告の期間

翌年2月16日から3月15日の1か月間、提出期限は毎年3月15日。

土日祭日の場合には、翌日です。( 国税庁

4. 所得税の確定申告書の種類

申告書には、内容に応じて2種類あります。

【確定申告書A】主に会社員の方

申告する所得が給与所得や公的年金等・その他の雑所得、配当所得、一時所得のみで、予定納税額のない方が使用できます。

✔︎ 前年分から繰り越された損失額を本年分から差し引く場合は【確定申告書B】を使用します。

【確定申告書B 】主に個人事業主やフリーランスの方

所得の種類にかかわらず、どなたも使用できます。

✔︎ 前年分から繰り越された損失額を本年分から差し引く方
✔︎ 変動所得や臨時所得について平均課税を選択する方は【確定申告書B】を使用します。

5. 確定申告書の入手方法

以下の3つの入手方法があります。

  1. 確定申告書の用紙は所轄の税務署で手に入れる
  2. 国税庁ホームページからダウンロードする。
  3. e-Taxを使うとインターネットから確定申告。

6. 確定申告書の見方

例として【確定申告書A(大一表)】の各項目の見方です。

確定申告書のサンプル
項目記載内容
①収入金額等各所得ごとに年間の収入金額を記載。

✔︎サラリーマンの給与収入の場合
 源泉徴収票の「支払金額」「給与」にそのまま記載。
②所得金額収入金額から経費などを差し引いた所得税の計算の基になる金額。

✔︎給与収入の場合は源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」を「給与」に記載。
③所得から差し引かれる金額該当する各種控除の金額を記載。

例)源泉徴収票
「社会保険料等の金額」「生命保険料の控除額」「地震保険料の控除額」など
④税金の計算所得金額の「合計」から、所得から差し引かれる金額の「合計」を差し引いた額「課税される所得金額」
⑤その他該当する方のみ記入。

会社員の方は【源泉徴収票】が企業から渡されると思いますので、こちらの記事もご参考ください。

確定申告記載例
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kisairei2017/index.htm

確定申告A・Bの書き方と記入例
https://www.freee.co.jp/kb/kb-kakuteishinkoku/preparation/

国税庁

確定申告やネットから申請する方法【e-Tax】の使い方については、こちらの記事に記載しておりますのでご参考ください。

7. クラウド会計サービスで確定申告を楽にする方法【ツール3選比較】

クラウド会計サービスを使うと、国税庁のe-Taxソフトウェアと提携しているのでそのまま申請することができます

利用者、人気ランキング上位のクラウド会計ツールを比較していきます。

  1. freee(フリー)
  2. やよいの白色申告オンライン
  3. MoneyForWard クラウド会計

料金体系や特徴についてまとめていきます。

【会計ツール①】freee(フリー)

初めての決算書作成や確定申告も簡単に。

中小企業の経理・会計を自動化で時間削減。消費税増税やマイナンバー制度など税制・法制改正に対応。

クラウド会計ソフトfreee

特徴

  • クラウド型会計ソフト利用者の約4割のシェア
  • 経理や確定申告の知識がなくても、自動仕訳による帳簿作成。
  • 経営分析まで可能

料金プラン

個人事業主向けプラン

料金プラン月額/年額コスト特徴
スターター980 円 / 月必要最低限の機能を利用し、確定申告を済ませたい方
スタンダード1,980円 / 月日々の経理の効率化から、確定申告までを一括で行いたい方
プレミアム3,316 円 / 月確定申告に関する不安について、トータルサポートを受けたい方

最大30日間、まずは無料で試すことができます。

クラウド会計Freeeを利用する

【会計ツール②】やよいの白色申告オンライン

インストール不要で、初心者でもかんたんに使えるクラウド白色申告ソフト。

やよいの白色申告オンライン

特徴

  • 20年連続BCN AWARD(業務ソフト部門)最優秀賞を受賞
  • 入力自動化で仕訳、簿記・確定申告初心者でも簡単に使える
  • フリープランならずっと無料ですべての機能が使える

料金プラン

選べる料金プラン

料金プラン料金特徴
1. フリープラン無料
次年度以降もずっと無料で利用可能
すべての機能
2. ベーシックプラン初年度: 年間4,000円(税抜)
次年度: 年間8,000円(税抜)
すべての機能
+操作質問
3. トータルプラン初年度: 年間7,000円(税抜)
次年度: 年間14,000円(税抜)
すべての機能
+操作質問、業務相談

「フリープラン」なら無料で確定申告書が作成でき、すべての機能が無料。次年度以降もずっと無料です。

やよいの白色申告オンラインを利用する

【会計ツール③】MoneyForWard クラウド会計

MoneyForWard クラウド会計

特徴

  • シンプルで使いやすい
  • セキュリティが安全
  • 国内クラウド会計ソフトNo.1の対応数、ネットがあれば端末問わず利用可能

料金プラン

料金プラン月間/年間コスト特徴
1. スモールビジネス月額 3,980円
年額 35,760 円
小規模の法人でお得に利用したい方
2. ビジネス月額 5,980
年額 59,760 円
複雑な会計業務や請求書発行の多い法人の方
3. エンタープライズ要問い合わせ上場企業やIPOをご検討の企業

MoneyForWard クラウド会計を利用する

クラウド会計ツール3選 【料金比較】

会計ツール初期コスト月間/年間コスト無料体験
①やよいの白色申告オンライン無料・無料〜
・+サポート付プラン

フリープラン
ずっと無料
②クラウド会計ソフトfreee(フリー)無料
個人プラン
・月額:1,180円~
・年額:11,760円~
・法人:1,980円~
法人プラン
・月額:1,980円~
・年額:23,760円~

最大30日間

MoneyForwardクラウド確定申告
無料・月額:3,980円〜
・年額:35,760 円〜

1ヶ月

個人事業主の方は、日々の経費精算・帳簿管理、確定申告がとても楽になります。

会社員の方の場合は、まだ売上が低い時期に確定申告は必要ないですが、

【年間で雑所得20万】を超えるような売上になった場合、 PCの購入など経費にしたほうが節税効果があり、売上が超えてからその年の経費精算に慌てることになるので

パラレルワーカー、個人事業主になったときのイメージを掴むためにも、早い段階で無料で試しておくと今後の事務手続きストレスが減らせると思います

まずは無料で試したい場合、ご紹介したやよいの白色申告オンライン」のフリープラン、すべての機能がずっと無料がオススメです。

やよいの白色申告オンラインを利用する

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA