DXYとは?ドルインデックス指数【FX投資入門】

NewYork

世界経済では色々な国の通貨があり、ドルと円の関係だけではわからない米国ドルの価値を、ユーロ、ポンド、円、カナダドル、スイスフランなど主要通貨と比較して強弱を知ることができる「ドルインデックス指数」をみていきます。

※投資は自己責任でお願いいたします。

ドルインデックス指数とは?

ドルインデックスとは、主要通貨に対する米ドルの強さを示した指数。

複数機関がドルインデックスを公開していますが、それぞれ算出方法が異なるため異なるデータとなります。

英語名US Dollar Index
分類通貨指数

有名なものはNY商品取引所のものやFRBが算出しているものがあります。

U.S. Dollar Index(DX・DXY・USDX)
1973年-
NYBOT(ICE)
後述の通貨の比較&割合で構成。
米ドル指数で最も影響力がある。
Dow Jones FXCM Dollar Index
2011年-
ダウジョーンズ社、FXCM
ユーロ、日本円、ポンド、豪ドルと
バランスよく同じ割合。
WSJ Dollar Index
2012年-
ウォールストリート
ジャーナルドルインデックス
他のドルインデックス指数より多く
16通貨採用。

算出の採用通貨や加重平均のウェイト、指数の更新頻度などに違いがあります。

ドル指数は、複数の主要通貨に対する「米ドルの総合的な価値」を示す指標であり、個別通貨のみの為替レートより、世界経済での米ドルの価値を見ることができます。

外国為替取引においては、リアルタイムで算出され、また先物取引としても上場されていることから、「NYBOT(正式名:ICE Futures U.S.)のドル指数」が有名です。

今回は、ICEの「DXY」をみていきます。

DXYとは?主要通貨バスケットとドルの強さ

米ドルインデックスは、主要通貨バスケットに対するドルの強さを反映します。

DXYは、1973年に米国FRBにより、海外との二国間貿易取引でグローバル通貨に米ドル加重平均価値を提供するために作られました。

米ドルインデックスは、他通貨より米ドルが価値(強さ)があると上昇します。

主要通貨バスケットとは?

複数の通貨を加重平均してつくられた安定的な通貨単位のこと。 

SDRは1969年に創設された新たな国際準備資産であるが、変動為替相場制移行後は、主要国通貨(2009年現在は、ドル、ユーロ、円、ポンドの4通貨)の加重平均の通貨バスケットとなっている。

DXYの価格チャート

DXYは他のインデックス指数のように、米国チャートで確認することができます。

DXYの構成比率

ドルインデックスDXYを構成する6つの通貨です。

通貨比率
ユーロ (EUR)57.6%
日本円 (JPY)13.6%
英ポンド (GBP)11.9%
カナダドル (CAD)9.1%
スウェーデンクローナ (SEK)  4.2%
スイスフラン (CHF) 3.6%

特徴としては他のドルインデックスに比べ、ユーロの比率が高いという特徴があるため、ユーロの強弱の影響が多少強くなる傾向があります。

米国ドル円 20年チャートと価格変動の歴史

米国ドルと円と関係、USDJPYの価格変動ついてはこちらもご参考ください。

まとめ

ドル円の関係だけではわからない米国ドルの価値を、ユーロ、ポンド、円、カナダドル、スイスフランなど主要通貨と比較して強弱を知ることができる、ドルインデックス指数のご紹介でした。

※投資は自己責任でお願いいたします。

あわせて読みたい記事

「米国ヘッジファンドの帝王」レイ・ダリオ氏

債券を組み入れたポートフォリオとしては、レイ・ダリオ氏の黄金のポートフォリオ「オールシーズンズ戦略」が有名です。彼の投資哲学やおすすめ本などこちらをご参考ください。

あわせて読みたい本

投資とお金について、損したくない人の心理や、長期投資の方法などわかりやい入門の一冊です。

ポートフォリオの考え方を実例を多く説明されています。

そもそもインデックス投資ってなに?どうやるのかわかりやすく説明されています。

タイトルは過激ですが、中身は米国株のインデックス投資の考え方がわかりやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA