【JavaScriptのデータ型の種類一覧】 プリミティブ型、オブジェクト型の違いとは? typeofで型の調べ方

code

初心者がつまづきやすいJavaScriptでのデータ型の種類と、プリミティブ型、オブジェクト型とは?、値の直接と参照受け渡しの違いについてです。

JavaScriptのデータ型の種類一覧

JavaScriptのデータには型があり、型の種類は大きく分けて2種類あります。

  • 【基本型】プリミティブ型(根本的な値)
  • 【複合型】オブジェクト型(参照型、プリミティブでないもの)

【基本型】プリミティブ型 7種類

実際に値を持っている、根本的な値を”プリミティブ”と言います。

データ型意味
Boolean真偽値true と falsetrue と false
Number数値48
BigInt巨大な整数(任意の精度で整数を表現)7902321413278321n
String文字列 (テキスト)“JavaScript”
Symbolシンボル
変化しないユニークなプリミティブ値
オブジェクトのプロパティのキーとして使用
Symbol(“シンボル”)
undefined値が未定義
値を代入していない変数の値
undefined
Null値が存在しない
存在するが中身が空
null
(typeofではObjectを返す)

特長

  • 変数には、値が直接格納される。
  • 値の受け渡し時には、値そのものが受け渡される

複合型: オブジェクト型(参照型)

プリミティブではない、プロパティ(値)とメソッド(操作)の集まりを”オブジェクト”と言います。

データ型意味
array配列
複数の値をまとめて管理
[“apple”,”banana”,”orange”]
objectオブジェクト
複数のデータをまとめて管理
オブジェクトはそれぞれの値に
プロパティと呼ばれる名前をつけて管理
{name: “apple”, price: 200}
function関数 ある一連の手続を1つの処理としてまとめる機能function() {

}

特徴

  • 変数には値が格納されている配列の場所(メモリアドレス)が格納される。
  • 値が変更されると、配列自体の値が変更され、参照先が同じになっている変数全てに影響する。

参照型ではオブジェクトがコピーされる時、その値自体がコピーされるのではなく、そのオブジェクトが格納されているメモリ上のアドレス(参照値)がコピーされます

JavaScriptのデータ型を調べる方法 – typeof演算子

typeof 演算子を使うと、次のようにデータ型を調べることができます。

console.log(typeof true);// => "boolean"
console.log(typeof 48); // => "number"
console.log(typeof 7902321413278321n); // => "bigint"
console.log(typeof "JavaScript"); // => "string"
console.log(typeof Symbol("シンボル"));// => "symbol"
console.log(typeof undefined); // => "undefined"
console.log(typeof null); // => "object"
console.log(typeof ["配列"]); // => "object"
console.log(typeof { "key": "value" }); // => "object"
console.log(typeof function() {}); // => "function"

JavaScriptは弱く型付けされた”weakly-type”、または緩く型付けされた “loosely-typed” 言語で、使われる構文でデータ型を自動的に決定する言語という特徴があります。

ブラウザエディタ「CodePen」を使うと実際にコードを試してみることができます。

まとめ

JavaScriptでデータ型の種類と、プリミティブ型、オブジェクト型とは?、値の直接と参照受け渡しの違いについてでした。

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA