英語面接での貢献/Contributeとは?回答例【外資系転職】

jobinterview

外資系企業に転職する際に、必要な英文履歴書(Resume)英語面接(Job Interview)があります。

外資系企業に転職する際に必要な英語面接でよく聞かれる質問「貢献(contribute)」についてです。

“How can you contribute to our company?”とは?

“我が社にどのように貢献できるとお考えですか?”

この質問で、面接官が知りたいことは

  • 採用することが、どれだけその会社にとってプラスになるか?

基本的な回答のアプローチ例

  1. 貢献できるスキルや特性を述べる。
  2. 実例で実績を述べる。
  3. それがどう御社に貢献できるか述べる。

のように整理しておく必要があります。

英語面接での”貢献”の回答例

回答例:

 “My experience accurately managing inventory intake and skills in creating effective, streamlined schedules make me uniquely qualified to succeed in this kitchen manager position. I understand that you require a highly organized candidate with acute attention to detail. In my previous job, I successfully handled schedules for 20 employees and reduced food waste by 15%. I’m confident in my ability to use my organizational skills to bring efficiency and order to your restaurant.

(日本語訳)

「私がこのキッチンマネージャーの仕事にふさわしい理由は、食材の在庫を正確に管理する実績と、効果的かつ合理的なスケジュールを作成するスキルを持つことにあります。御社は細部に気を配ることができる情報整理力の高い人材を必要としていることと存じますが、私は前職では従業員20名のスケジュールを管理し、食材の廃棄を15%削減することに成功しました。私の情報整理力を活かし、御社のレストランの業務効率と規律の改善に貢献できると確信しております。」

参考)【ビジネス英語】英語面接で聞かれる強みと弱みの回答例39選

https://jp.indeed.com/career-advice/interviewing/interview-question-what-are-your-strengths-and-weaknesses

オンライン英会話レッスン

DMM英会話を使って、実際に講師と会話することで、本番前に面接対策と場慣れを得ることができます。

「ジョブインタビュー対策がしたい。」と言うと、合わせてくれます。面接用の教材もあります。

英語での職務経歴書(Resume)の書き方

まずは書類エントリーして通らないと面接に辿り着けないので、レジュメ(Resume)の書き方についてです。

あわせて読みたい記事

客観的に英語力をスコア化したい場合、英語圏に留学・移住する際にiELTSもおさえておくと良いです。

合わせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA