【NoCode】ノーコード開発とは?ローコード、エンジニア不要論 【Adalo】 【Bubble】【Glide】など

nocode

プログラムを書かなくてもアプリが作れると噂の「ノーコード開発とは?」

ローコードとの違い、エンジニアは不要になるのか?ツールを紹介しながら動向を見ていきます。

ノーコード開発とは?【NoCode】

ソースコードを書かずに、Webサイトやアプリを作る開発手法のこと。

ローコード開発とは?【lowCode】

メインをノーコードでの開発手法に、コーディングを加える開発手法のこと。

  • メリット:色々カスタマイズできること。
  • デメリット:覚えることが多いのと、ツールが限られる。

主なノーコード開発ツール一覧

ノーコード開発ツールはたくさんあり、プロトタイプアプリ、EC、特集ページ、ブログ、社内業務効率化など、用途によって選んでいきます。

GlideGoogle スプレッドシートをデータベースにして、手軽なアプリのノーコード開発ツール
Adalo直感的な操作で、Webアプリ、Android・iOSネイティブアプリノーコード開発
WebflowCMSサイトとしてWebサイトを制作。LPなど販促に強い。
ShopifyECサイトがかんたんにできる。発送処理やデータ分析も。
Bubble自由度の高いノーコード開発。パーツ配置、イベントアクション設定などのフロントエンド、DB設計やAPI連携などバックエンドの構築も可能。その分覚えることも多い。
Scapicブラウザ上にAR/VR/3D体験を組み込めるサービス。
VoiceflowAmazon AlexaとGoogle Assistant用の音声アプリを作成できるサービス。
Amazon HoneycodeAmazonが提供するビジネス向けのノーコード開発ツール
スプレッドシートをベースに、GUIでカスタマイズを行ってアプリ開発できる。チームの生産性、業務効率に強い。

これ以外にもノーコードツールはたくさんあり、新しいサービス、PFもどんどんリリースされています。

ノーコード開発入門のおすすめ

「ECサイトを作りたい!」「社内業務効率化ツールを作りたい!」といった明確な目的があるわけではなく

「まずはノーコード開発どんなものか試してみたい」という場合は、個人的には

  1. Glide・・・スプレッドシートからノーコード開発を試してみる。
  2. Adalo・・・直感的な操作でアプリを作ってみる。
  3. Bubble・・・機能拡張含めて、本格的なノーコード開発を行う。

の順番で試してみるがいいのではないかと思います。

1. Glide

スプレッドシートからノーコード開発がどんなものか試してみることができます。

Googleスプレッドシートを「データベース」として利用し、簡単なPWAを自動的に生成してくれるノーコードツール。

  • UIも最初からテンプレートが用意されいる。
  • 標準のUI コンポーネントをカスタマイズして使うことも可能。

2. Adalo

https://www.adalo.com/

直感的に管理画面のわかりやすいUI操作で、かんたんにアプリが作れるのが特徴。

  • かんたんにiOS/AndroidネイティブアプリWebアプリを開発
  • アプリ機能はドラッグ&ドロップで追加
  • 画面を数クリックするだけでデータベースにレコードを追加

3. Bubble

機能拡張含めて、本格的なノーコード開発を行う場合

拡張性の高さ、利用ユーザー数の多さが特徴的です。

  • 細かい条件処理設定などをワークフロー形式で指定
  • 外部サービスプラグイン

利用ユーザー数が多いので、コミュニティが充実しています。https://forum.bubble.io/

成長するノーコード市場

ノーコードやローコードなど「RAD」と呼ばれるジャンルの高速開発の市場が拡大しています。

RAD(Rappid Application Development ):
高速開発を行う各種ツールや手法を示す用語。ノーコードやローコードのほか、プログラマが開発で利用する「統合開発環境(IDE)」もRADに含まれます。

コストと開発スピードから成長が加速すると予測されています。

米フォレスター・リサーチ

ローコードの市場規模は2022年に2.2兆円を超えると予測。

米ガートナーの予測

2024年までに、ローコードのアプリ開発プラットフォームはアプリ開発プラットフォーム市場全体の65%を占めると想定されています。

米フォレスター・リサーチ, 米ガートナーの予測

エンジニアは不要になるのか?

現時点ではノーコードではできないことはたくさんあります。

今後クラウドに組み込まれる形で、ノーコードでできることもどんどん進化していくと思われますが、

  • ノーコードで痒いところに手が届いところをカスタマイズ。
  • まだない仕組みのサービスを作ってリリースする。

などより汎用的にできない開発では、エンジニアの価値はさらに高まると思います。

逆にノーコードでできてしまうような開発は、コストやスピード面から減っていくことでしょう。

まとめ

まだまだできることに制限はありますが、どんどんできることが増えているのと、

GAFAをはじめとる企業のノーコード企業買収といった、クラウド開発環境に取り込まれていくのが予想できます。

GoogleAppSheet
MicrosoftPowerApps
AmazonHoneycode

とくにエンジニアを採用する余裕がない企業や、素早く少人数で開発してリリースなど、開発スピードは上がっていくと思われるので、

まずはMVPやプロトタイピング、社内業務のDXなどから始めるなどして

今のうちに触っておいて進化を追っていくのが良いと思います。

未経験からエンジニアに転職

Webマーケティング入門

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA