富裕層向け金融サービス「プライベートバンク」とは?おすすめ書籍3選【海外資産】

privatebanker

「プライベートバンク」とは、何でしょうか?

実在どんなサービスで、投資スタイル、対象である富裕層の生活などが垣間見える書籍3選です。

プライベート・バンキングとは?

英語: Private banking

  • 銀行や金融サービス会社が、主に高額所得者や多額の資産を持つ富裕層に提供する銀行業務、投資業務、その他の金融サービス。
  • プライベートバンキングは、ウェルス・マネジメントの中でも特に富裕層を対象としたサービス。

純金融資産1億円超の富裕層向け金融サービスのようですね。

富裕層: high-net-worth individuals、HNWI

書籍① プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?――その投資法と思想の本質

日本の全世帯のうち約2%存在する、純金融資産が1億円を超える富裕層。

  • 彼らのみを顧客とするプライベートバンクとはどのような組織なのか?
  • そして、プライベートバンクから富裕層にレクチャーされる「世界最高の投資法」とは?
  • プライベートバンカーとして国内外で活躍したのち、現在はフィンテック企業の経営者として金融情報に精通する著者が、「1億円の壁」を壊すための全ての知識を公開

書籍② プライベートバンカー 驚異の資産運用砲

なぜ日本の金持ちは、こぞってシンガポールで暮らすのか?

  • なぜ日本の金持ちは海外で資産運用したがるのか。
  • なぜ日本の金融機関では資産運用がしづらいのか。
  • 答えは簡単です。シンガポールのような海外では、日本よりもはるかに巨額のリターンが得られる資産運用が可能だからです。日本で有数の「本物のプライベートバンカー」が伝授する、驚異の資産運用法から、日本の資産運用法の貧弱さまですべてを初めて明らかにします!

書籍③ ノンフィクション小説「プライベートバンカー」

大金持ちをタックスヘイブンの国に誘う「カネの傭兵」。それがプライベートバンカーだ。

  • 野村證券のトップセールスマンからプライベートバンカーに転じた主人公が見たのは、本物の大金持ちの世界だった。
  • シンガポールに移住し、ただ時間が過ぎるのを待つ元大手メーカー会長、若くして300億円を手にしたIT業界の寵児、伝説の相場師、そして脱税を見逃すまいと潜伏する国税庁の美人調査官。
  • やがて、バンカーの周囲では、カネを巡る詐欺と殺人未遂事件まで発生した―。徹底取材で浮かび上がった衝撃の結末を文庫版で大幅加筆。スクープ続出、実名ノンフィクションの金字塔!

まとめ

「プライベートバンク」とは?

実在どんなサービスで、投資スタイル、対象である富裕層の生活などが垣間見える書籍3選でした。

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA