ポートフォリオとは?ダン高橋氏、敗者のゲーム、オールシーズン戦略【インデックス投資】

NewYork

ポートフォリオとは?ライオン戦略(ダン高橋氏)、敗者のゲーム(チャールズ・エリス氏)、オールシーズン戦略(レイダリオ氏)のポートフォリオを参考に構成比率など見ていきます。

①ダン高橋氏のポートフォリオ

長期投資と短期投資の割合

長期の投資戦略 「ルールを決めて機械的に積立てる」長期・分散・積立の3大原則に従い

まず「投資可能な資金」を「長期」と短期」で分けます。

  • 短期投資: 10~30%
  • 長期投資: 70~90%

長期投資用のポートフォリオ

次に長期投資(70~90%)を、以下の3つの配分目安にして分けます。

1. 景気上昇に強い資産 【40~60%

例: 株、社債、不動産(先進国、途上国、ドル建て、円建て、他通貨建て)

2. 景気低迷に強い資産10~30%

例: 国債(アメリカ、欧州)、現金

3. 連動性が低い資産20~40%

例: コモディティ(金などの貴金属、ビットコイン、その他のコモディティ)

②チャールズ・エリス氏の投資哲学「敗者のゲーム」

チャーリズ・エリス氏「敗者のゲーム」の中で投資での成功の秘訣は

「長期的にもっとも可能性の高い運用基本方針を策定することである」と述べています。

  1. 長期運用目的の確認、資産配分比率の策定(株式、債券など)
  2. 株式ポートフォリオ構成の策定
  3. アクティブ対パッシブ比率の決定
  4. 個別ファンドの選択
  5. アクティブな運用、個別銘柄選定とトレード実行

③レイダリオ氏のオール・シーズンズ戦略

米国ファンド界の帝王レイ・ダリオ氏のあらゆる経済局面で安定したリターンを上げるために設計された「オールシーズンズ戦略」です。

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA