株価チャートをブログにのせるには?【TradingView】

TradingView

投資ログや自分なりの分析など、株価チャートをブログに掲載したいな、と思った時、著作権違反など気になるところです

TradingViewのウィジェット機能を使うと、かんたんにチャートを掲載することができので、サンプルを使って表示する方法をご紹介します。

株価チャートの著作権

株価自体には著作権はないですが、証券会社のチャートなどをキャプチャして貼り付けるのは、現状訴訟などに至ったことはないものの、権利的にはグレーゾーンのようです。

そしてリアルタイム株価表示できないという問題もあります。

TradingViewとは?【チャートウィジェット】

無料でも使える多機能なチャートツール「TradingView(トレーディングビュー)

その中のひとつの機能として、

Youtube動画のように、株価チャートをWebに埋め込むコンポーネントを無料で提供しています。

無料株式ウィジェット – ファイナンシャル・ウェブコンポーネント

無料のウェブマスターツール。当社のHTML5ウィジェット + データは、YouTube動画の様に埋め込む事が可能です。

無料で手早く作業できるソリューションが求められるウェブサイトやブログ、フォーラムに最適です。準備したiframeコードを、ただカット&ペーストするだけで組み込みができます。僅か30秒で素晴らしいチャートとリアルタイムデータをあなたのサイトに表示できるので、あなたはさっさと次の作業に取りかかれます。ウィジェットには為替、ビットコイン(並びに、その他のほとんどの先物やインデックス)のリアルタイムデータが無料配信されます。株式銘柄も時間遅れで配信されるデータを無料で利用できます。

TradingView: https://jp.tradingview.com/widget/

以下の3種類のウィジェットを提供しています。

  1. 最先端のリアルタイムチャートウィジェット
    株価やテクニカル分析、経済カレンダーなどリアルタイムにチャートを表示
  2. テクニカル分析ウィジェット
    テクニカル指標に基づいて「売り」か「買い」か評価点を表示
  3. マーケット概要ウィジェット
    複数セクターの最新のマーケット状況を表示

1. 最先端のリアルタイムチャートウィジェット

実際に、Apple社 NASDAQ:AAPL を指定するとウィジェットにこのような株価チャートが表示されます。

パラメーター設定で、カスタマイズして使うことができます。

2. テクニカル分析ウィジェット

テクニカル指標に基づいて「売り」か「買い」か評価点を表示するウィジェットです。

実際に、Apple社 NASDAQ:AAPL を指定して、株価チャートを表示すると、ウィジェットはこのような感じに表示されます。

テクニカル分析ウィジェット – 無料のパワフルなツール

パラメーター設定で、カスタマイズして使うことができます。

3. マーケット概要ウィジェット

複数セクターの最新のマーケット状況を表示するウィジェット。

実際に、いくつか指数を指定すると、このようなマーケット概要が表示されます。

デフォルトでは、下記のようなインデックス指数が指定されています。

FOREXCOM:SPXUSDS&P 500
FOREXCOM:NSXUSDNasdaq 100
FOREXCOM:DJIDow 30
INDEX:NKYNikkei 225
INDEX:DEU30DAX Index
FOREXCOM:UKXGBPFTSE 100

市場全体像ウィジェット

パラメーター設定で、カスタマイズして使うことができます。

実際にブログに貼りつけてみる方法をご紹介していきます。

TradeViewの使い方【チャートウィジェット】

表示したいウィジェットの種類を選びます。

以下の3種類のウィジェットから、表示したいものを選びます。

  1. 最先端のリアルタイムチャートウィジェット
    株価やテクニカル分析、経済カレンダーなどリアルタイムにチャートを表示
  2. テクニカル分析ウィジェット
    テクニカル指標に基づいて「売り」か「買い」か評価点を表示
  3. マーケット概要ウィジェット
    複数セクターの最新のマーケット状況を表示

パラメーターを設定します。

最先端のリアルタイムチャートウィジェットの例ですが、銘柄や期間など、チャートに設定したいパラメーターをカスタマイズします。

Tradeviewパラメーター

適用 ボタンを押します。

下記のような埋め込みコードが出力されるので、全選択してコピペします。

Code

ブログに貼り付ける

コピペしたコードを、自分のサイトのHTMLの表示したい場所に貼りつけます。

例)WordPress

ブロックで カスタムHTML を挿入すると貼りつけることができます。

WordPressCustomHTML

完成&確認!

これで自分のブログに、株価チャートを埋め込むことができました!

埋め込んだページを表示して、確認します。

まとめ

自分のブログに株価チャートをのせたいと思った時に、TradeViewでは3種類のウィジェットを使って無料で埋め込むことができます。

  1. 最先端のリアルタイムチャートウィジェット
    株価やテクニカル分析、経済カレンダーなどリアルタイムにチャートを表示
  2. テクニカル分析ウィジェット
    テクニカル指標に基づいて「売り」か「買い」か評価点を表示
  3. マーケット概要ウィジェット
    複数セクターの最新のマーケット状況を表示

証券会社の株価チャートのキャプチャを掲載するのは権利的にもグレーなので、うまく活用していきたいです。

関連書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA