CityGML, LODとは?3D都市モデル【VR技術】

OculusVR

国土交通省が主導する日本全国の3D都市モデルの整備・オープンデータ化プロジェクト、PLATEAU(プラトー)でも採用されている「CityGML」「LOD」とは何でしょうか?

CityGMLとは?

都市および景観のデジタル3Dモデルを保存するためのオープンな標準化されたデータモデルおよび交換フォーマット。

  • 都市に見られる一般的な3Dフィーチャとオブジェクトのほとんどと、関係を記述する方法を定義。
  • また、3Dオブジェクトのさまざまな標準レベルの詳細を定義。
  • 地理空間情報分野における国際標準化団体、OGC(Open Geospatial Consortium)が国際標準として策定

そもそもGMLとは?

GML(Generalized Markup Language)

地理空間情報を定義した統一フォーマット。

作成者間のデータ交換や、色々な地理空間データとの重ねや加工が楽になる。

LODとは?3Dモデル詳細レベル設計

同じオブジェクトに関する、詳細度の異なる様々な情報を統合的にデータとして管理。

CityGMLはモデルの精度・表現に、LOD(Level of Detail)という手法を用います。

CityGMLのLODは5段階

PLATAUEより
LOD02次元の建物形状を定義
LOD12次元の建物形状に高さを付与した3次元の定義
LOD2建物の屋根を定義
LOD3建物の窓やドア等の外部の詳細を定義
LOD4建物の内部を定義

LODとは、もともとCGの分野で使われていた手法です。

同じオブジェクトに関する、詳細度の異なる様々な情報を統合的にデータとして管理できるようになります。

ADEとは? CityGMLの拡張機能

ADE(Application Domain Extensions)は、CityGMLの拡張機能

CityGML定義の「建築物、道路、地形、橋梁、トンネル、土地利用、植生、水域以外」をADEとして追加可能になり、CityGML定義を拡張することができます。

PLATEAUをBlenderで使う

PALTEAUの都市データを、無料3DソフトBlenderで使うことができます。

まとめ

国土交通省が主導する日本全国の3D都市モデルの整備・オープンデータ化プロジェクト、PLATEAU(プラトー)でも採用されている「CityGML」「LOD」についてでした。

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA