VOOとは? – VTIと比較、米国主要S&P500 ETFを分析・過去パフォーマンス【インデックス投資】

Stock

米国の主要業種を代表する500銘柄 S&P500と連動を目指すバンガード社のETF【VOO】について分析、同じバンガード社のETF【VTI】との違いや、過去パフォーマンス検証していきます。

※投資は自己責任でお願いいたします。

VOOとは?

VOO バンガードS&P 500 ETF:Vanguard S&P 500 ETFは、米国籍のETF(上場投資信託)です。

S&P500種指数のパフォーマンスに連動する投資成果を目指す

  • 主に米国の大型株を保有
  • S&P500種指数の全構成銘柄に投資
  • 四半期ごとに時価総額加重平均を用いて保有銘柄ウエートを算定しリバランス。
S&P 500とは?

S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数。

ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出される、時価総額加重平均型株価指数。

- WikiPediaより

VOOの価格チャート

VOOの現在〜直近1年の株価です。

【VOO】【VTI】の概要と比較

S&P500指数との連動パフォーマンスを目指すETF【VOO】と、

同じバンガード社の、米国株式市場全体を投資対象するETF【VTI】を比較してみました。

最新の情報は運営会社サイトを参考ください。

銘柄
(ティッカー)
VOOVTI
運用会社VanguardVanguard
ベンチマークS&P500CRSP米国総合指数
構成銘柄数約505銘柄3500以上
コアセクターIT企業
ヘルスケア
不動産
金融
ETF純資産1,680億USドル20億USドル
リバランス四半期半年
1月、7月
配当時期四半期
3月/6月/9月/12月
四半期
3月/6月/9月/12月
直近配当金
利回り
(年率%)
1.63%1.52%
経費率
(年率%)
0.03%0.03%
設定日2010/09/092015/10/22

どちらも米国株式市場を対象としたETFですが、ベンチマークに違いがあります。

【VOO】

米国株式の主要業種500を対象としたS&P500連動

【VTI】


米国株式全体をカバーする3,600銘柄以上のCRSP米国総合指数

どちらのETFもバンガード社の強みである、経費率の安さが特徴的です。

主要大型米国株にフォーカスした【VOO】と、中小企業含めた米国株式を広くカバーする【VTI】といったところでしょうか。

現在の時価総額が大きいIT企業の経営は、再投資方針が強いため、両方とも配当金は低めの傾向となっています。

運営会社「バンガード」についてはこちらの記事もご参考ください。

VOOの投資アプローチ

  • S&P500指数のパフォーマンスへの連動を目指す。
  • 大型株を投資対象。
  • 完全法を用いたパッシブ運用。
  • ファンドはフルインベストメントを維持。
  • 低経費によってトラッキングエラーを最小限に抑える。

セクター構成比率

VOOの組み入れ銘柄のセクター構成です。

セクター構成比率(%)
Information Technology28.7 %
ヘルスケア14.0 %
一般消費財11.5 %
Communication Services11.1 %
金融9.6 %
資本財8.0 %
生活必需品6.9 %
公益2.8 %
不動産2.6 %
Materials2.5 %
Energy2.3 %

組み入れ上位10銘柄

VOOの組入銘柄は下記方針によって選定されます。

  • 主に米国の大型株を保有
  • S&P500種指数の全構成銘柄に投資
  • 四半期ごとに時価総額加重平均を用いて保有銘柄ウエートを算定しリバランス。

上位10銘柄は下記となります。

名称ファンドの割合(%)
AAPL:USアップル7.25
MSFT:USマイクロソフト5.89
AMZN:USアマゾン・ドット・コム4.98
FB:USフェイスブック2.43
GOOGL:USアルファベット1.68
GOOG:USアルファベット1.65
BRK/B:USバークシャー・ハサウェイ1.44
JNJ:USジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)1.39
V:USビザ1.22
PG:USプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)1.18

時価総額の加重平均で保有ウエートなので、IT企業の比率が高くなります。

過去パフォーマンス検証

主要大型米国株にフォーカスした【VOO】と、中小企業含めた米国株式を広くカバーする【VTI】を過去パフォーマンス検証してみました。

【VOO】【VTI】ポートフォリオグロース比較

最も悪かった年

VOO-4.50%
VTI-5.21%

最も良かった年

VOO32.39%
VTI33.45%

両方のETFとも、米国株式の時価総額ベースなので

年間平均成長率(CAGR) も「12%台」、標準偏差も「13%台」とほぼ同じ値動きですが

最近のIT企業の躍進もあり、VOOの方が成長率が高く安定、VTIの方がボラリティ(変動)が高いと言えます。

【VOO】【VTI】トータルリターン比較

VOO_VTI_TotalReturn

さらに過去の値動きを【SPY】で検証

【VOO】が歴史が浅く、2011年以前の過去パフォーマンス検証ができなかったため

同様にS&P500をベンチマークとしている【SPY】の検証結果もご参考いただくと良いシミュレーションになるかと思います。

【VOO】【SPY】もS&P500をベンチマークにしているため、直近ではほとんど同じ値動きをしています。

SPYの過去パフォーマンス検証はこちらの記事をご参考ください。

実際にETFを購入するには?

証券会社の「定期買付」機能を使いこなして、ETFの積立でインデックス投資をする方法を下記の記事で紹介しています。

まとめ

S&P500をベンチマークとしたETFであるVOOを分析してみました。

時価総額中心がゆえ、構成銘柄のセクターがITやヘルスケアなどが多くなり、セクターの今後の動向次第ですが、該当セクターは市場成長が見込まれるため、現状では配当金は低め、トータルリターン が安定しているグロース投資に近くなるのでしょうか?

特性を理解した上で、中長期視点でインデックス投資のポートフォリオのひとつとして組み入れたいETFでした。

※投資は自己責任でお願いいたします。

あわせて読みたい記事

日本で買える、海外ETFまとめ

日本で買えるETFの種類から、手数料、証券口座の解説まで紹介しています。

ドル円チャートと歴史

海外投資する時には、外貨を使うので為替差益も考える必要があります、通過基軸ドル円についてです。

米国株高配当ETF

米国株式の高配当銘柄をテーマにしたETFもあります。代表的な3つのETFの比較とそれぞれの特徴です。

あわせて読みたい書籍

ポートフォリオの考え方を実例を多く説明されています。

そもそもインデックス投資ってなに?どうやるのかわかりやすく説明されています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA