ライトコイン(LTC)とは?ビットコインとの違いを比較【仮想通貨】

litecoin

ライトコインとは、どんな仮想通貨なのでしょうか?特徴やビットコインとの違いの比較です。

ライトコイン(英語: Litecoin)とは?

Peer to Peer型の決済網および暗号通貨。

従来のビットコインから派生し、その欠点を解消した。"採掘"に必要な機材を省き、送金もより早くした。ビットコインと並び利用者の多い暗号通貨である。総発行枚数は約8400万枚と予定されている。--wikipediaより

2011年にビットコインをベースに、元GoogleのエンジニアであるCharlie Lee氏が公開した暗号資産(仮想通貨)で、単位はLTC。

ライトコインの価格チャート

ライトコインのデータ

名称ライトコイン(Litecoin)
ティッカーLTC
発行上限84,000,000
承認形式Proof of Work
開始日2011年10月7日
中央機関なし
提唱者Charlie Lee
公式URLhttps://litecoin.com/
公式ホワイトペーパーなし

公式TwitterURL https://twitter.com/LitecoinProject

ライトコインの特徴

  1. 低コスト流通可能なPeer to Peer決済用通貨
  2. ビットコインよりも速いトランザクション
  3. ビットコインのインフレに合わせた発行枚数
  4. SHA-256より複雑な暗号方式"Scrypt"採用
  5. 暗号化公式ウォレットが利用可能

ライトコインの発行数上限、ビットコインと比較

ビットコイン発行上限2,100万 BTCに対し、ビットコインは4倍の8,400万LTC。

暗号資産発行上限
ライトコイン8,400万LTC
ビットコイン2,100万BTC

取引の承認時間

ビットコインの約10分に対し、ライトコインは約2.5分と1/4の取引の承認時間です。

暗号資産発行上限
ライトコイン約2.5分
ビットコイン約10分

ブロックサイズの制約によって起こるスケーラビリティ問題を、ソフトフォームの一つであるSegwit(セグウィット)という技術で対処している。

まとめ

ライトコインとは、どんな仮想通貨なのでしょうか?特徴やビットコインとの違いの比較でした。

※2021年6月時点の情報です。投資は自己責任でお願いいたします。

1株から株購入できる、SBIネオモバイル証券とは?

  1. Tポイントを使って投資できる
  2. 1株から株が買える
  3. 月50万までなら、月額220円で取引放題

今すぐ、SBIネオモバイル証券で口座開設

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA