イーサリアム(ETH)とは?ビットコインとの違いを比較【仮想通貨】

ether

仮想通貨でよく聞く「イーサリアム」とは何なのでしょうか?特徴やビットコインとの違いの比較です。

イーサリアム【Ethereum】とは?

ヴィタリック・ブテリン氏によって開発されたプラットフォームの名称。

イーサリアムとは、分散型アプリケーション やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称である。

イーサリアム・プロジェクトによって開発が進められている。--wikipedia

このプラットフォーム内で使用される仮想通貨をイーサ(ETH)と言います。

イーサリアムの価格チャート推移

イーサリアムのデータ

名称イーサ(Ether)
ティッカーETH
発行上限発行上限なし
承認形式Proof of Work
開始日2015年10月7日
特徴分散型アプリケーション(DApps)や
スマートコントラクトを動かすプラットフォームが
オープンソースで開発されるプロジェクト
作者ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)
ギャビン・ウッド
公式URLwww.ethereum.org
リポジトリgithub.com/ethereum

公式TwitterURL :https://twitter.com/ethereum

イーサリアムの特徴

  1. 独自の仮想通貨を設計して発行できる
  2. 統一規格ERC20の導入によってトークン管理の一元化が可能
  3. 人の仲介を必要としない「スマートコントラクト」機能

スマートコントラクトを使用した開発プラットフォーム(DApps)

ビットコイン(BTC)と違い、イーサリアム(ETH)は

「分散型アプリケーション」(Decentralized Applications(DApps)のプラットフォームのために開発された。

「スマートコントラクト」の技術が使われている。

イーサリアムの発行数上限、ビットコインと比較

ビットコイン発行上限2,100万 BTCに対し、イーサリアムは発行上限と半減期がない

暗号資産発行上限
イーサリアムなし
イーサリアムクラシック(ETC)2億1000万枚〜2億3000万枚
ビットコイン2,100万BTC

発行上限がないということは、以下のリスクの可能性もあります。

  1. 稀少性が下がる可能性もある
  2. 今後、上限が決まる可能性もある

ブロック生成時間

ビットコインの約10分に対し、ライトコインは約15秒程度と早いです。

暗号資産発行上限
イーサリアム約15秒程度
ビットコイン約10分

まとめ

仮想通貨でよく聞く「イーサリアム」とは何なのでしょうか?特徴やビットコインとの違いの比較でした。

※2021年6月時点の情報です。投資は自己責任でお願いいたします。

1株から株購入できる、SBIネオモバイル証券とは?

  1. Tポイントを使って投資できる
  2. 1株から株が買える
  3. 月50万までなら、月額220円で取引放題

今すぐ、SBIネオモバイル証券で口座開設

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA