WWDC2020まとめ Keynote

apple

WWDC2020のまとめです。

基調講演(Keynote)ライブ動画

WWDC2020 まとめ

WWDC 2020まとめ(OS更新+「Apple Silicon」)

すべてのOSの開発者版が開発者向けサイトで同日公開され、一般向けβは7月に、正式版は今秋リリースの予定

参照ITmediba

iOS 14の主な新機能

  • ウィジェットが(Androidのように)ホーム画面に追加可能に
  • ウィジェットを追加・カスタマイズするための「widget gallery」
  • iPhone内のアプリを探しやすい「App Library」ビュー
  • 動画のピクチャーインピクチャー
  • アプリを部分的にインストールできる「App Clip」
  • Siri起動時に全画面にならず、横長窓のオーバーレイ表示に
  • 通話とFaceTimeの着信も全画面にならず、横長窓のオーバーレイ表示に
  • 翻訳機能の追加(日本語、英語、標準中国語、仏語、独語、スペイン語、伊語、韓国語、アラビア語、ポルトガル語、露語)
  • 「メッセージ」で重要な相手を上部に固定
  • 「マップ」の自転車サポート(まずは米中の一部都市)、EV向け推奨ルート機能
  • NFCによる車のキー機能(まずはBMW 5シリーズ)

iPadOS 14

  • iOSと同様のホーム画面のウィジェット
  • iOSと同様のSiriや着信の小窓オーバーレイ表示
  • iOSと同様のメッセージの新機能
  • 「写真」や「ミュージック」での「サイドバー」の追加
  • Apple Pencilで手書きをテキストに変換(Scribble採用)
  • 検索機能の改善

AirPodsの新機能

  • iPadOSの後に、「AirPods」の新機能が発表された。Bluetooth接続するデバイスの自動切り替え機能と、「Spatial Audio」機能だ。
  • 自動切り替えは、例えばiPhoneで音楽を聴いているときにMacBookで動画再生を開始すると、接続先が自動的にMacBookに切り替わる。この機能は、AirPods Pro、第2世代AirPods、Powerbeats、Powerbeats Pro、Beats Solo Proのファームウェアアップデートで提供する。
  • Spatial(空間) Audioは、3Dサラウンドのようなもので、AirPods Proでのみ提供する。

リリース時期発表なし。

watchOS 7

  • 「Sleep」(睡眠)追跡機能の追加
  • iPhoneと連携するDigital Welbeing機能「Wind Down」モード
  • 「アクティビティ」の名称が「フィットネス」になり、サイクリングとダンスをサポート
  • 「Complications」によるウォッチフェイスの細かいカスタマイズ。ウォッチフェイスの共有
  • 手洗いサポート(手を洗う動作と流水の音でユーザーが手を洗い始めたことを感知し、適切な清浄時間を音と触覚通知で知らせる)
  • アップデートはシリーズ3以降向け。シリーズ1と2のサポートは打ち切りだ。

プライバシーについて

OSを横断する複数のプライバシー関連機能が紹介された。

  • アプリが収集する個人データの種類を視覚的に通知するプロンプト
  • クロスアプリトラッキングするアプリの通知義務
  • アプリがカメラとマイクにアクセスするとステータスバーにインジケータを表示する機能
  • 「Safari」のツールバーに「プライバシー」ボタンの追加

tvOS 14とHomeKit

  • tvOS 14の新しいコントロールセンター
  • コントロールセンターからのHomeKitアクセサリのコントロール
  • AirPodsとのオーディオ共有の改善
  • HomeKitのホームカメラの顔認識
  • スマートライトの色温度オプションサポート

macOS Big Sur

次期MacのOSの名称は「macOS 11.0 Big Sur」

  • Big Surはカリフォルニア州のサンタルチア山脈の地名。この後発表されたAppleカスタムシリコンプロセッサ「Apple Silicon」採用のMacに最適化されている。

「Apple Silicon」への移行の発表

  • 搭載モデルは2020年末から出荷を開始し、向こう2年かけて移行していく見込み。

WWDCとは?

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA