ビットコイン急伸、PayPalとは?今後の課題や動向などまとめ【仮想通貨】

PayPalbitcoin

米決済大手のPayPalが、暗号資産の売買・管理を開始する方針を発表。そもそもPayPalとは?今後の課題や動向などまとめていきます。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-21/QIK1SEDWLU6Z01

まずは4仮想通貨に対応

BTCビットコイン
ETHイーサリアム
LTCライトコイン
BCHビットコインキャッシュ

PayPal(ペイパル)とは?

https://www.paypal.com/

正式名称:PayPal Holdings Inc.

  • 電子メールアカウントとインターネットを利用した決済サービスを提供するアメリカの企業
  • PayPal口座間やクレジットカードでの送金や入金を行う。
  • 世界で 3億人以上のユーザーが利用し、2400万以上の店舗で導入
  • 1998年12月にPayPal Inc.の社名で設立。

世界的な電子決済サービスです。

PayPalの株価

symbolNASDAQ: PYPL
会社名PayPal Holdings Inc
ペイパル・ホ―ルディングス
分野(Sector)Miscellaneous
雑工業
産業(Industry)Business Service
業種インターネットサービス
サービス業

PayPal発表を受けてビットコインの価格が大幅に高騰

今回の一連の流れは、中央銀行デジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)が背景にあると言われています。

PayPalは、今後発行されるCBDC対応のため、先回して暗号資産への対応を進めた発表しています。

暗号資産カストディ最大手の【BitGo】もM&A候補として挙げられています。

実現すれば、業界有数の買収になることが予想されます。

「われわれはルビコン川を渡った」

PayPalの発表は「暗号資産に関する今年最大のニュース」だとツイッターに投稿。

これで銀行間の暗号資産取り扱い競争が始まるだろうと予想。

「われわれはルビコン川を渡った」と述べた。

ギャラクシー・インベストメント・パートナーズを経営するマイク・ノボグラーツ氏

PayPalの課題

引用元:CoinDesk記事
  • 課題1】
    ペイパルアカウントからBTCが出せない「セルフカストディの問題」
  • 課題2】
    コストの高さ
  • 課題3】
    売買・決済のたびに課税対象になる可能性
  • 課題4】
    破たんや流出に対する補償がない

まとめ

PayPalの暗号資産参入によって、電子決済、仮想通貨が世界で加速していきそうです。国境や通貨の立ち位置は変わっていくのでしょうか?今後の動向に期待です。

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA