PoW (Proof-of-Work) とは?「PoS/PoC/Pol」との違いや比較【仮想通貨】

bitcoin

仮想通貨の承認形式でよく見かける”PoW  (proof-of-work)“とは何でしょうか?

他のコンセンサス・アルゴリズムである「PoS/PoC/Pol」との違いや比較していきます。

PoW(プルーブ・オブ・ワーク)とは?

PoW (Proof-of-Work)
仮想通貨などのコンセンサス・アルゴリズム手法のひとつ。

サービスのリクエスターに一部の作業を要求することで、DoS攻撃やネットワーク上のスパムなどの他のサービスの濫用を抑止する経済的手段。

PoWスキームの特徴

サービスのリクエスター(使う人)と、プロバイダー(提供する人)で非対称性に特徴があります。

  • リクエスター向け
    実行可能だが、適度に難しい
  • プロバイダー向け
    チェックは容易

このスキームの実現手段として

  • CPUコストファンクション
  • クライアントパズル
  • 計算パズル
  • CPUプライスファンクション

などとも呼ばれています。

PoWのメリット/デメリット

メリット

  • 不正に強い

デメリット

  • 電気使用量の増加
  • 51%攻撃

PoWと他コンセンサス・アルゴリズムであるPoS/PoC/Polとの違いや比較

アルトコインでよく利用されるのが”プルーフ・オブ・ステーク(PoS)“です。

単独ではなく PoWや他の手法と組み合わせることが多いです。

PoWと他コンセンサス・アルゴリズムであるPoS/PoC/Polとの違いや比較をしてみます。

PoS(Proof of Stake)とは?

保有通貨量で、取引承認権限の付与しやすく、報酬も多い、という仕組み。

メリット

  • PoWのような演算が必要無い
  • 電気の大量消費を避けることができる

デメリット

  • 通貨の大量保有者が増えると、流動性が下がる。

現在、イーサリアムがPoSの導入に向けて動いている。

PoC (Proof of Consensus)

承認権限を複数者選定で、80%以上の賛成で承認する仕組み。

メリット

  • 限られた者だけで承認が可能
  • 処理スピードが早い

デメリット

  • 中央集権的なシステムとして批判も多い。

XRP(リップル)がPoCを採用している。

PoI(Proof of Importance)

“Importance”(取引額や回数など、所持通貨量や貢献度で算出される重要度)で、取引承認権限が付与されやすくなる仕組み。

PoSを改善したのがPoI

XEM(ネム)が採用。

まとめ

仮想通貨の承認形式でよく見かける、PoW  (proof-of-work)とは?

他のコンセンサス・アルゴリズムであるPoS、PoC、Polとの違い・比較でした。

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA