配当利回りと配当性向とは?- ジョンソン&ジョンソンと武田薬品工業で算出比較【英語で海外投資】

medical

配当金生活、インカムゲイン重視の投資を行うときに知っておきたい、「配当利回り」「配当性向」といった情報を、米国株など英語サイトからも読み取る方法です。

例として、「米国株ジョンソン&ジョンソン」と、日本株の「武田薬品工業」の違いも比較していきます。

※投資は自己責任でお願いいたします。

配当利回りとは?【Dividend Yield

配当利回りとは、購入した株価で、1年間にどれだけの配当を受けることができるか?比率で表す指標

計算式

配当利回り(%)
= 1株あたりの配当(年間)÷ 株価×100

配当性向とは?【Dividend Payout Ratio

配当性向とは、企業の利益から配当金に支払った比率を表す指標。

計算式

配当性向(%)
= 1株あたりの利益 ÷ 1株あたりの配当

実際に、米国と日本企業のIR/財務諸表から、配当利回りと配当性向を読み取ってみます。

米国ジョンソン&ジョンソンの株価と配当性向【JNN】

57年連続増配と言われる、米国株 JNJ ジョンソン&ジョンソンのIR/財務諸表から配当情報を読み取ってみます。

ジョンソン&ジョンソンとは?

医療・ヘルスケア製品を提供する米国の持株会社。

事業部門は、消費者関連、医薬品、医療機器・診断で構成。

目薬、鎮痛剤、胃腸薬などの一般用医薬品や栄養補助食品、抗感染、精神疾患、心循環器などの治療薬を製造、販売する。また、病院で使用される外科手術製品・臨床検査機器・診断薬を扱う。

本社はニュージャージー州。

配当金に関する財務指標

最新情報は公式サイトをご参考ください。

Most Recent Dividend
直近配当(日付)
Annual Dividend
年間配当金(USドル)
Dividend Yield
配当利回り(%)
Three Year Dividend Growth
3年配当成長率(%)
Payout Ratio
配当性向(%)
・Trailing 12 Months of Earnings (TTM)
 直前12か月間の収益
・Based on This Year’s Estimates
今年度での見積もり
・Based on This Year’s Estimates
 来年度での見積もり
・Based on Cash Flow
キャッシューフローでの見積もり
Dividend Track Record
配当実績
・24 Years of Consecutive Dividend Growth
 24年連続配当成長
Dividend Frequency
配当頻度
・Quarterly Dividend
四半期(3ヶ月)ごとに配当支払い
Most Recent Increase
直近の増加
・$0.06 increase on 4/14/2020

ジョンソン&ジョンソンと、武田薬品工業と配当比較【4502】

同じくディフェンシブ銘柄である、医薬品セクターの日本企業と比較してみます。

国内医療系企業

 4502
武田薬品工業
4519
中外製薬
4503
アステラス製薬
予想一株配当180.0 円50.0 円42.0 円
予想配当利回り4.97 %1.09 %2.78 %
前期配当性向633.6 %48.6 %38.4 %

米国ヘルスケア銘柄【JNJ】

JNJ
ジョンソンエンドジョンソン
予想一株配当4.04USドル
予想配当利回り2.76%
配当性向46.54%(TTM)

国が違うので単純比較は難しいですが、医薬品・ヘルスケアセクターは、一般的にはディフェンシブ銘柄で、成長は見込めないが、不景気にも強い、配当性向が高いと言われています。

武田薬品工業以外は、指標値が比較的類似しているのではないでしょうか。

武田薬品工業の配当金は一定で、配当性向が高い経営方針です。

現時点では配当性向が「633%」ですが、100%以上の年が多くあります。

これは年間純利益以上の配当金額(配当性向100%以上)を支払い、純資産を削って配当を支払っていることを意味します。

武田の19年度の連結業績

売上高3兆2912億円(前年度比56.9%増)、営業利益1004億円(57.8%減。

シャイアー買収がはじめて通年で寄与し、日本の製薬企業として初めて世界トップ10入りするメガファーマとなりました。

売上高では国内2位のアステラス製薬に2.5倍の差をつけた一方、買収費用がかさんだ影響で利益は大きく減少。20年度は売上高3兆2500億円(1.3%減)、営業利益3950億円(293.4%増)を見込んでいます。

一時的には大丈夫ですが、続くと財務が悪化し、高配当を維持できなくなり減配になる可能性があります。

配当性向や配当利回りだけ見るのではなく、業績や株価の成長性もみていく必要があります。

米国株高配当ETF

SPYD】【HDV】【VYMといった他の米国高配当ETFのまとめ比較はこちらの記事をご参考ください。

実際に米国株・海外ETFを購入するには?

証券会社の「定期買付」機能を使いこなして、ETFの積立でインデックス投資をする方法を下記の記事で紹介しています。

まとめ

nomadworker

配当金生活、インカムゲイン重視の投資を行うときに知っておきたい、「配当利回り」「配当性向」といった情報を、米国株など英語サイトからも読み取る方法でした。

例として米国株「ジョンソン&ジョンソン」と、日本株「武田薬品工業」の違いも比較してみました。

※投資は自己責任でお願いいたします。

あわせて読みたい記事

日本で買える、海外ETFまとめ

日本で買えるETFの種類から、手数料、証券口座の解説まで紹介しています。

ドル円チャートと歴史

海外投資する時には、外貨を使うので為替差益も考える必要があります、通過基軸ドル円についてです。

米国株高配当ETF

米国株式の高配当銘柄をテーマにしたETFもあります。代表的な3つのETFの比較とそれぞれの特徴です。

あわせて読みたい書籍

ポートフォリオの考え方を実例を多く説明されています。

そもそもインデックス投資ってなに?どうやるのかわかりやすく説明されています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA