イールドカーブ(利回り曲線)とは?逆イールドのリセッションシグナル【インフレ】

NewYork

経済ニュースで見かける「イールドカーブ」とは?景気後退(リセッション)のシグナルとしても利用される「逆イールド」についてです。

イールドカーブ(利回り曲線)とは?

 yield curve 利回り曲線

一定数の債券について、満期までの利回りと満期までの期間の関係を示す折れ線グラフのこと

  • x軸: 債券の残存年数(残存期間)
  • y軸: 最終利回りをとった座標

逆イールドとは?

inverted yield curve; negative yield

「短期金利>長期金利」の逆転する経済状況

短期金利が長期金利を上回り、イールドカーブが右下がりの曲線の状態

一般的に景気後退のシグナル。

市場関係者が将来的に金利が下がるとみている場合に起こる。

事例) 米国の国債市場の長短金利の逆転

  • 3カ月物米財務省短期証券の利回り” が
  • “10年債国債の利回り” を上回る

イールドカーブのチャート分析

こちらのサイトで、米国債のイールドカーブを分析することができます。

アメリカ – 国債 invest.com

https://jp.investing.com/rates-bonds/usa-government-bonds?desktop=1

現在の米国債利回りのイールドカーブ推移グラフ ONDAラボ

まとめ

経済ニュースで見かける「イールドカーブ」とは?景気後退(リセッション)のシグナルとしても利用される「逆イールド」についてでした。

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA