NFTとは?イーサリアムとの関係、暗号通貨との違い【スマートコントラクト】

art

NFTとは?【non-fungible token

NFT(英: non-fungible token)

非代替性トークン(ひだいたいせいトークン)

ブロックチェーンのデジタル台帳上のデータの単位。

  • 各NFTは、唯一のデジタルアイテムを表すことができ、他のトークンで代替することはできない。
  • アート、オーディオ、ビデオなどのデジタルファイルを表すことができる
  • デジタルファイル自体は無限に複製可能だが、それを表すNFTはブロックチェーン上で追跡され、購入者に保有する権利の証明を提供する。

NFTの特徴3点

  • 唯一性を証明できる
  • 改ざん不可
  • さまざまな情報を記録できる

NFTと暗号資産の違い

NFTと暗号通貨(仮想通貨)の違いは何でしょうか?

項目NFT暗号資産(仮想通貨)
特徴非代替性トークン代替可能トークン
意味同一トークンは無同価値のトークン有
分割不可能可能
活用事例デジタルアート、ゲームアイテムなど
1点もの、限定もの
通貨やポイントなど
数量的なもの

NFTとイーサリアム

暗号通貨「イーサリアム(ETH)」は、スマートコントラクト機能で、NFT分野でよく利用されています。

イーサリアム以外にも、Flow Blockchainや、Polygonなどの“スマートコントラクト機能”が活用されています。

  • スマートコントラクトの互換性
  • ガス代(ネットワーク手数料)
  • 環境負荷(マイニングの電力消費による地球温暖化への懸念)

こちらの観点で、選択技術が決定されることが多いようです。

中田敦彦のYoutube大学「NFTとメタバース」

わかりやすくNFTとメタバースについて紹介されている書籍の動画がこちらです。

NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来

解説の元になっている書籍はこちらです。

あわせて読みたい記事

あわせて読みたい書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA