VIX指数とは?恐怖指数、株価との関係【テクニカルトレード】

WallStreet

投資家が使っているVIX指数、別名恐怖指数とはなんでしょうか?

VIX指数(ビックスしすう)とは?

Volatility Index

シカゴオプション取引所がS&P500種指数のオプション取引の値動きをもとに算出・公表している指数。

  • ボラティリティ・インデックスの略
  • 別名「恐怖指数」
  • 数値が高いほど、投資家が先行き不安を感じているとされる。

VIX指数のチャート

TrainingView:

https://jp.tradingview.com/symbols/CBOE-VIX/

ティッカー INDEXCBOE: VIX

株価の変動(ボラリティ)の2種類とVIX指数

株価の変動ボラティリティは2種類あります。

過去の変動

  • ヒストリカル・ボラティリティ

現在から将来の変動

  • インプライド・ボラティリティ
    インプライド(暗示)・・・オプション取引での値付けから逆算することから

この株価変動と投資家心理であるVIX指数は、相関性が強い指標と言われています。

VIXが恐怖指数と呼ばれる理由

現在から将来に、投資家が株価の変動をどう考えているか?によって、VIX指数に変化が現れます。

投資家の考え方VIX指数
変動”大”と考える
変動”小”と考える

投資家が株価変動が”大きい”と考えるほど、VIX指数も”高”になるので、恐怖を感じていると使われることが多いようです。

まとめ

投資家が使っているVIX指数、別名「恐怖指数」でした。

ダン高橋氏のYoutube動画

ウォール街出身の”ダン高橋氏”の解説動画でも、MACDの使い方がわかりやすく説明されています。

ダン高橋氏についてはこちらの記事を参考ください。

ダン高橋氏の書籍

ダン高橋氏の執筆した著作です。

あわせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA